カメラ入門者向きの情報ですが、サードパーティーレンズについて述べます。

サードパーティーレンズ

初めてレンズ交換のできるカメラを買うと、レンズキットの商品を買うのがほとんどです。つまり、カメラボディと同時にレンズを買います。Canonのカメラだったら、同時にCanonのレンズを購入し、NikonのカメラとセットでNikonのレンズも購入するのが一般的でしょう。

しかし、カメラボディのみを購入することもできます。キットレンズは比較的に安く、購入すると損はないのですが、レンズの質等に関しては、完璧なものありません。もちろん、普通に使えるレンズでもあるし、問題はありません。ただ、上に上があり、プロ仕様のレンズも存在します。

また、ズームレンズが一般化した今、単焦点レンズは単品で買うしかありません。さらに、キットレンズのセットを買い、後に別のレンズを買い足しするとき等、レンズを単品で買うことは多くあります。そこで、カメラボディだけ購入し、自分の目的に合ったレンズを別で購入することができます。

レンズを単品で買う時、普段なら自分の持っているボディと同じメーカーのレンズを買います。各メーカーのマウント(レンズを接続する部分)が異なるため、レンズの互換性はありません(例外的にOlympusとPanasonicがあります)。

カメラメーカーはもちろん、レンズのみを作っているメーカーがあります。それらのメーカーのレンズは様々なボディーに対応しており、多くの場合はカメラメーカーのレンズより安価で売られています。それらのレンズをサードパーティーレンズと呼ばれています。

以前のサードパーティーレンズは安価でその分質に欠けているイメージが強かったのですが、最近のサードパーティーレンズはメーカーのレンズより優れているものもあり、場合によりカメラメーカーのレンズより高価なものがあります(例えば、Carl Zeissのレンズ)。

国内だとSigma、Tamron、Tokina等のレンズメーカーが有名です。なお、Sigmaはカメラも製造しており、独自のマウントも開発しています。

【広告】

メリット・デメリット

サードパーティーレンズのメリット

サードパーティーレンズの一番のメリットは安価で購入できるでしょう。とにかく、純正品(カメラボディーと同じメーカーのレンズ)より安く売られている場合がほとんどです。

ただ、有名かつ歴史ある会社のレンズ(例えば、上記に挙げたCarl Zeissのマイクロフォーサーズマウント用)の場合は純正品(OlympusやPanasonic)より高価になります。

さらに、値段だけではなく、カメラメーカーがだしていないスペックのレンズもあります。純正品にない焦点距離等のものがあります。

他にかなり変わったレンズもあります。最近、写ルンのレンズを再利用した各一眼レフ用のレンズが発売されています。これは純正品に考えられない商品でしょう。

オールドレンズの場合、サードパーティーレンズは本当に安くなります。良品でもジャンクコーナーに出されている店が多く、本記事のトップ画像にあるレンズは数百円から千円くらいで購入しました。

サードパーティーレンズのデメリット

最近のサードパーティーレンズの品質がかなり向上されており、写りに関してはあまり問題は見られません。むしろ、純正品より品質の高いものがあります。

ただ、純正品ではないため、たまにはエラーが出たり(デジタル系)、ボディーとの接続問題が稀に発生します。カメラボディーメーカーはサードパーティーレンズに関する保証が効かないので注意する必要があります。

他にオートフォーカスが遅くなったり、ピントがイマイチ合わなかったりする時もあります。マニュアルフォーカス時、フォーカスリングが純正品と反対周りになったりして、若干不便なところがあります。

ここで、一つ注意していただきたいのは、サードパーティーレンズとコピー製品は違います。最近、海外製のコピー品が増えてきて、それらのレンズはあくまでコストダウンを狙って製造されているため、上記の問題以外に写りの問題等もあります。

本ブログはコピーレンズの使用をおすすめしません。確かに安くてに入れることはできますが、使用になられる際、気を付けましょう!

【広告】

サードパーティーレンズのオールドレンズ

本ブログはオールドレンズの使用をおすすめしていますが、サードパーティーレンズに関しては、注意が必要になります。サードパーティーレンズのオールドレンズはカメラとの互換性が低く、全く使えないものがあります。

有名なのはCanonの古いEFマウントレンズです。EFマウントはフィルムカメラの時代から存在しており、デジタル移行も使われています。フィルム時代のEFマウントサードパーティーレンズは現在のCanonデジタルレンズで使えないのがほとんどです(オートフォーカス機能等)。もし、購入を検討されている場合、お店で購入し、その前にカメラボディーに装着し、互換性を試してください。

なお、オートフォーカス機能無しのレンズ、マウントアダプターを介してマニュアルフォーカスで使われる場合は問題ありませんので、安心して購入してください。

【広告】