カメラ超入門シリーズの記事では、どんなカメラを購入すればいいかについてご紹介してきました。初期の段階では0円からスタートし、その後はミラーレスをおすすめしました。

【参考記事:初心者カメラ・ミラーレス、中古のおすすめ
【参考記事:初心者は0円からスタート・中古カメラの注意点

これからカメラを始める方は、いきなり一眼レフから入る必要はありませんが、長期的に使いたい、カメラ任せモードでもいいから写真を始めたいという方がいます。そんなお考えでしたら、一眼レフから入るのもよいでしょう。ただ、カメラ屋さんや家電量販店行くと、様々なメーカー、形、値段のカメラが置いていて、どれを買えばいいか本当に悩みます。

今回は各カメラメーカーの特徴についてご紹介します。なお、カメラメーカーは本当に多く、こちらの記事でご紹介するのは主なメーカーでほとんどの店で取り扱っているものにします。

本記事で扱うカメラ

前回の超入門カメラシリーズでは、中古カメラのおすすめとミラーレスをおすすめしましたが、本記事では一眼レフ(レンズを外すと斜めになっている鏡が見られます・若干大きくて重い機種)と一眼ミラーレス(レンズを外すと、カメラのセンサーが見られます・一眼レフより一回り小さく、軽い機種)、つまりレンズ交換のできるカメラについて述べます。

本ブログはオールドレンズ(フィルムカメラ用に開発されたレンズ)の使い方等についてご紹介しています。原則として、レンズ交換できるカメラなら、オールドレンズは使えます。メーカーや機種により、使えるオールドレンズの種類が変わります。基本的には、ミラーレスであれば、ほとんどのオールドレンズが使えます。一眼レフでも使えますが、場合により、補整レンズ付きのマウントアダプター(カメラにオールドレンズを装着させるアクセサリー)が必要になり、オールドレンズ本来の特徴を活かすことができません。一方、そのメーカーのオールドレンズが使用可能になったり、様々なものがあります。

【参考記事:マウントアダプターとは・選び方

【広告】

メーカー別

キヤノン(一眼レフ、ミラーレス)

カメラ市場シェアナンバーワンのキヤノン(表記は「キャノン」ではありません)は紹介する必要ないくらい有名です。初心者からプロまで愛されている機種を出しています。純正品やサードパーティーのアクセサリーやレンズが豊富で、家族や友達と写真に出かける際、貸したり借りたりできる可能性が大です。一眼レフはトップですが、ミラーレスユーザーはまだ少ないです。以前、一眼レフの入門機であるKissシリーズの初ミラーレスKissが発売され、話題になっています。

とにかく、使いやすいイメージで、初心者はあまり失敗しない描写(色合いやコントラスト等のバランス)出せます。ポートレート写真に肌色をキレイに写すと言われています。さらに、動画にも強く、メインは写真でおまけに動画に使いたい方におすすめです。

ニコン(一眼レフ、ミラレース)

市場シェアナンバーツーですが、歴史が長く、ユーザーが非常に多いです。色合いがもっとも現実に近いものを写させるだと言われています。ユーザーが多いため、家族や友達がニコンユーザーでしたら、合わせてニコンにするのもよいでしょう。

企業として、カメラ事業がメインなので、信頼性の高いメーカーです。

マウントの形が昔から変わっていなく、制限付きですが、昔のニコンレンズが使えます。とにかく、忠実な色合いを出したい方におすすめです。

キヤノンより微妙に高いイメージがしますが、さほどではありません。ミラーレスも出していますが、キヤノンと同様に、ユーザーはまだ少ないです。なお、ミラーレスで一眼レフレンズを使う場合はマウントアダプターが必要になります(キヤノンも同様です)。

ペンタックス(一眼レフ、ミラーレスは生産終了)

現在、一眼レフを作っている国内メーカーは上記のキヤノン、ニコンと合わせて、こちらのペンタックスの3社のみです(正式にはリコー)。ペンタックスも歴史が非常に長く、昔から愛されているブランドです。ペンタクスのイメージは「耐久性」でしょう。良い意味で頑固なカメラです。登山など自然の撮影が好き方におすすめです。サードパーティーのレンズも豊富、一部のオールドレンズも使えます(制限付き)。

以前、小型ミラーレスのPentax Qシリーズを出していましたが、生産終了になりました。Pentax Qのセンサーサイズは小さいのが弱点かもしれませんが、純正品のレンズが安く、サブカメラとして持ち運びに便利です。

【広告】

ソニー(ミラーレス、一眼レフは生産終了)

近年、多くのプロカメラマンが一眼レフからソニーのミラーレスに移行しているほど優れたカメラをだしています。ミノルタの技術を受け継いで、さらにソニーのデジタル技術を合わせた結果で全てのシーンに強いカメラを開発しています。以前、一眼レフも製造し、それらのカメラにはMinolta AFのレンズやサードパーティーのAマウントレンズが使えます。

ちなみに、本記事のトップ画像はソニーα200(10年前のソニー一眼レフ)とミノルタAFのズームレンズで撮影しました。

現在はミラーレスのみになりましたが、フルサイズセンサーで手振れ補正機能等がついていて、オールドレンズファンに最高のカメラを出しています。唯一の弱点はメニューが若干分かりにくいという点がありますが、慣れれば問題なく使えます。コンパクトでありながら、一眼レフに負けない技術でオールドレンズも使えるカメラが販売されていて、本ブログで一番おすすめしたいメーカーかもしれません。純正品のレンズは若干高いですが、有名ブランドのツァイスとのコラボレンズが多く、非常に優れた商品をラインナップしています。

オリンパス(ミラーレスのみ)

カメラの歴史が長く、昔から使いやすいカメラやスタイリッシュなデザイン等で勝負しているオリンパスファンも非常に多くいます。ミラーレス機市場のシェアはナンバーワンです。フィルター等の機能が多く、普通に撮影だけではなく、遊びながら面白い写真やかっこいい写真、かわいい写真が簡単に撮れます。PENシリーズはコンパクトで軽く、カメラ女子に非常に好まれています。持ち運びから考えると、サブカメラにするのもよいでしょう。OMシリーズは現行一眼レフに負けない技術を持っています。

マイクロフォーサーズセンサーを採用しているため、オールドレンズの力を100%発揮させることはできませんが、オールドレンズファンに非常に好まれています。純正品のレンズ(Zuikoレンズ)の技術も優れています。

パナソニック(ミラーレスのみ)

ミラーレスに力を入れていて、さらに動画に強いカメラメーカーです。入門機でも4K動画が撮れます。これから動画に力を入れたい方におすすめです。昔からビデオカメラを作っているのて、数年にわたる技術を持っています。

同じマイクロフォーサーズ規格で、オリンパスのレンズと交換性があります。さらに、銘玉で有名なLeicaとの提携で、素晴らしいレンズを出しています。とにかく、高画質の動画を撮りたい方にお勧めです。

富士フィルム(ミラーレスのみ)

フィルムの技術はもちろん、カメラ作りも非常に強い富士フイルムはミラーレスを販売しています。フィルム時代からフジノンレンズが好評で、今現在も多くの支持者を集めています。オリンパスやパナソニックと違い、APS-Cセンサーを採用しており、オールドレンズが若干使いやすくなります。国内メーカーで描写の美しいレンズを作り続けているため、その技術は他メーカーにあまり見られないくらい優れています。描写にこだわる場合はぜひ富士フイルムのカメラをお勧めしたいです。

【広告】