先日、数年前の写真フォルダーを整理していたら、2015年に撮った蹴上のつつじ撮影のファイルが出てきました。浄水場の中に植えられているほぼ5000本のつつじがとても美しく、実は当施設が一般公開されることをあまり知られていない隠れ撮影スポットになっています。

各地域の桜が満開を迎える今週につつじの記事を投稿するのが若干不自然かもしれませんが、これから皆さんのGWの予定作りに役に立てばと思います。

本記事では、作例を通し、施設やイベントの紹介をします。

蹴上浄水場の紹介

京都市にある蹴上浄水場の歴史は長く、明治時代に建てら、その後、数回の増設や改善により、今も市民にお水を提供し続けています。

普段なら、一般の方にあまり興味のない施設ですが、毎年、ゴールデンウィーク辺りから多くの方が付近を通ると思わず見てしまうことがあります。4月からつつじが咲きはじめ、連休の真っ最中に満開を迎えます。浄水場は濃いや薄いピンク、白色に染められ、誰もが見ても絶賛する風景に変わります。

施設内に約4800本のつつじが植えられていて、絶対写真を撮りたくなります。

京都市水道局は、市民に提供している水道がいかにも安全であり、浄水場の役割等を紹介しつつ、つつじをぜひ見に来てほしい気持ちで、連休に合わせて、毎年施設の一般公開を行っています。

写真撮影はもちろん、私たちが普段使っている水道がどのように届けられているか等を学ぶ機会になります。子どもに水道の大切さを伝え、大人は振り返り考える機会になります。

蹴上・つつじ

蹴上浄水場以外に、鳥羽水環境保全センターの一般公開を行っています。こちらでは、約120mの藤棚が楽しめます。本年度の一般公開は4月26日から30日までとなりますが、本記事では蹴上浄水場のみを取り上げさせていただきます。

施設名を見ればすぐに分かりますが、最寄駅は京都市営地下鉄の蹴上駅になります。地下鉄駅から地上へ上がる、ピンク色に染めた景色が広がります。さらに、施設の中に入ると、一部の一般公開日にイベントが行われ、より楽しむことができます。

本年度は明治150年の記念で、明治の歴史が学べる「明治150年・京都のキセキ」デーが設けられます。詳細は下記の一般公開情報をご参照ください。

アクセス抜群ですので、子どもと一緒に行くのがおすすめです。つつじを背景にポートレートを撮ったり、風景写真を記録に残したり、撮影シチュエーションは色々です。歴史ある建物もあり、ちょっと渋い写真とつつじのやさしい感じを同時に撮影し、ギャップのある面白い作品も作れるでしょう。

施設内にはいくつかの坂道があり、施設自体も非常に広く、歩きやすい靴や服装をおすすめします。

【広告】

撮影スポット情報

2018年(平成30年)蹴上浄水場一般公開情報

住所:京都市東山区粟田口華頂町3
最寄駅:京都市営地下鉄東西線ー蹴上駅
最寄り駅から:蹴上駅2番出口すぐのところにあります
駐車場:ありません・地下鉄やバスをご利用ください
入場料:無料
営業時間:5月2日(水曜日)~5月6日(日曜日)の5日間を毎日、9時から16時まで(入場は15:30)
イベント:5月3日(木・祝)、5月4日(金・祝)、「明治150年・京都のキセキ」は5月5日(土・祝)
トイレ:施設内にあります
売店:イベント日にあります
飲食:飲食コーナーに飲食は可能ですが、飲酒は禁止です
参考:
定数の各イベントは先着順で定員になり次第終了。
天候等により、変更または中止になる場合があります。
ペットと一緒の入場は不可能です。

各イベントについて

イベント日には水道局の紹介ば行われます。紹介ビデオの撮影や施設見学、周辺散策ツアーも行われます。

家族と一緒に楽しめられるように、子どもには紙芝居やエアートランポリン、水質実験なども用意され、幅広い年齢の子どもたちが楽しめます。

飲食コーナーでは京都の水の販売やそれにちなんだ軽食等が販売されます。さらに災害用の飲食水を毎日先着1000名にプレゼントされる予定です。

さらに、本年度は明治150年PRイベントもあります。「明治150年・京都のキセキ」デーでは、ゆるキャラの登場、パフォーマンスステージ、展示なども予定しております。

作例

今回の作例は管理人が2015年に行った時に撮影したものです。使ったカメラはOlympusのEPL-3で、オールドレンズではなく、キットレンズを装着していました。当時は撮影技術がなく、作例といえるものにはなっていませんが、ぜひ、管理人よりもっと美しい写真を撮りに行ってください。

蹴上・つつじ

蹴上・つつじ

蹴上・つつじ

蹴上・つつじ

蹴上・つつじ

蹴上・つつじ

【広告】

周辺の他撮影スポット

周辺には多くの観光・撮影スポットがあります。水道関係の琵琶湖疎水もあり、琵琶湖疎水記念館は無料で見学できます。

さらに、秋になると紅葉で有名な南禅寺も徒歩15分くらいの所にあります。禅林寺もすぐ近くにあり、永観堂のみかえり阿弥陀像を拝見することができます。

春でしたら、桜で美しくなる哲学の道があります。蹴上からは若干離れていますが、蹴上→南禅寺・禅林寺→哲学の道というコースをウォーキングするのも楽しいでしょう。

今回管理人がおすすめするスポットは京都市動物園です。浄水場から徒歩10分くらいで行けます。ここ数年、各エリアのリニューアル工事が行われ、非常にきれいです。

一般の入場料は600円。中学生以下無料で、財布にやさしい観光スポットです。園内にレッサーパンダがいて、非常にカワイイです。他にキリンを頭の高さくらいから見られたり、水遊びする象も見ることができます。

つつじ撮影の際、ぜひ動物園の方へも足を運んでください。

京都市動物園での作例

こちらは上記のつつじ作例と同じ日に撮影したものになります。カメラやレンズも同じものを使いました。

【広告】