本ブログではミノルタAFレンズをソニーのデジタルカメラで使用するようにおすすめしています。ソニーのαマウントデジタルカメラでは、ミノルタやソニーの純正レンズはもちろん、サードパーティーレンズも使えるのが多きなメリットです。αマウントのオートフォーカスレンズは非常に安く、市販に数多く出回っています。

【参考記事:Minolta AF レンズを活用しましょう!
【参考記事:サードパーティーレンズとは?

今回ご紹介するレンズはそのαマウントのサードパーティーレンズ、トキナーのズームレンズです。

Tokina AF 70-210mm f4-5.6

本レンズは1991年前後発売のもので、他レンズとちょっと変わったところがあります。マニュアルフォーカスとオートフォーカスレンズ時代の境目に開発された本レンズは同じスペックで、ほぼ同じ形で、マニュアルフォーカスとオートフォーカスレンズの両バージョンが存在します。デザインが共通していて、兄弟レンズだと言えるでしょう。

当時のトキナーレンズのトップではありませんが、普及グレードレンズであってもそれなりに質の高いレンズです。

管理人が手に入れた商品はクモリで本来の描写を出せていないのですが、クモっていても、こちらのレンズの性能はまだ確認できます。

数年後のミノルタ純正品と比べれば、若干重たい製品ですが、これは逆に安定感を与えてくれます。マニュアルフォーカスレンズっぽいでありながら、オートフォーカスの使えるところで面白い一本です。デザインも良く、持っていて楽しいです。

マニュアルフォーカスとオートフォーカスの切り替えスイッチはありませんが、カメラ側で設定すれば両方のフォーカスシステムが使えます。

なお、他ブログの記事を読んでみると、マニュアルフォーカス版とオートフォーカス版の描写がほぼ同様らしいです。

管理人が今回手に入れた製品はクモリが発生していて、若干使い辛いところがあります。中古レンズを購入する場合、レンズ状況をしっかり確認してから買いましょう。

なお、クモったレンズにはソフト効果があるため、ポートレートでやさしい描写を狙った写真が撮れます。本レンズの焦点距離からすると、ポートレートに使えるので、数百円のジャンク品でしたら、買っても損はしません。

【広告】

撮影テスト

今回の撮影テストは室内で行いましたが、被写体を窓に置いて外側を背景にしました。天気は快晴で午前中に撮影を行いました。残念ながら、レンズがクモっているため、全体的にかなり白ぽっく写っています。一方、レンズの性能をできる限り試すため、下記の画像に修正を行っていません。画像のデジタル処理はカメラ内のJPEG書き出しに任せました。

使ったカメラはソニーのα200で、絞り優先(A)モードで撮影しました。三脚を使わずに手持ちで撮影しました。

ISO感度は800に固定し、露出補整は行っていません。ピントは最短撮影距離から数十センチ離れたところから合わせました。

開放(f4)

焦点距離:70mm(35mm換算で約105mm)
シャッタースピード:
1/1250
ISO感度:800
露出補整:+1

メインの被写体と背景が数百メートル離れているため、背景が完全にボケました。クモリでソフト効果が発生し、非常に柔らかく、美しい背景に仕上がりました。工夫すれば、まだまだ使えるレンズだと分かります。

絞りf8

焦点距離:70mm(35mm換算で約105mm)
シャッタースピード:
1/320
ISO感度:800
露出補整:+1

背景は上記の開放での撮影より形を表していますが、メインの被写体は適度に写っています。ソフト効果があって、優しい感じに仕上がりました。

最小絞り(f32)

焦点距離:70mm(35mm換算で約105mm)
シャッタースピード:
1/20
ISO感度:800
露出補整:+1

メインの被写体と背景が非常に遠くあるため、最大絞りにしても背景がボケています。さらにレンズのクモリでソフトフォーカス効果があり、全体的に優しい写りを残っています。もちろん、無限遠にピントを合わせば、全体的にシャキッとなります。クモったレンズの使い道として、ぜひご参考にしてください。

ズームでの開放(f5.6)

焦点距離:210mm(35mm換算で約315mm)
シャッタースピード:
1/320
ISO感度:800
露出補整:+1

焦点距離を最大の210mm(35mm換算で約315mm)にして、最初絞りにすれば、背景が完全に消えます。被写体や構図を工夫すれば、色々な写真が可能になります。数百円のジャンクレンズでも、楽しく使えることができます。

【広告】

その他の作例

上記のレンズテストではなるべく忠実性を保つため、クモリが発生しているにかかわらず、修正は行っていません。一方、ライトルームのかすみ除去などをかければ、普通の写りに戻すことができます。ソフト効果は多少残りつつ、色合いやコントラストを取り戻すに成功しました。以下はライトルームで修正を加えた作例になります。

レンズスペック

メーカー: Tokina
マウント: Aマウント
名称:Tokina AF 70-210mm f4-5.6
焦点距離: 70-210mm
開放F値: f4-5.6
最小絞り:f32
最短撮影距離: 110cm
ズーム: 有り
絞りリング: 無し
ピント合わせ: AF
フォーマット: 35mmフィルムカメラ用
フィルター径: 52mm

管理人所有のレンズ

クリーニング:
状況: クモリあり(おそらく、バルサム切れ)
シリアルナンバー: 90030**

【広告】