今回はPentaxの単焦点55mm f1.8のオールドレンズをご紹介します。

上の文章を読むと、誰もがあの有名なM42マウントのSuper Takumarのレンズ紹介記事になるかと思います。しかし、今回は同じスペックですが、PKマウントのレンズについて述べます。

【参考記事:Super Takumar 55mm f1.8

Super Takumarが消えた

PentaxのオールドレンズといえばSuper Takumarが代表しますが、時代の流れにより、PentaxはM42マウントからPKマウントへ移りました。こちらのPKマウントにはPentax以外にRikohも採用しました。

【参考記事:XR Rikenon L 50mm f2

新しいマウントに移行したPentaxは前マウントと同じスペックのレンズの新しいバージョンを開発し、その中にPentax SMC 55mm f1.8がSuper Takumar 55mm f1.8の代わりに登場しました。

そして、こちらのレンズには、あのSuper Takumarの文字が消えました。

変わったボケ

レンズの構成自体はあまり変わっていませんが、もちろん、進化はありました。個人的には、その違いはあまり感じていません。

強いて言えば、絞りをf2~2.8にすると、ちょっと変わった形になるところが目立っていくかと思います。六角形にちょろっと出っ張っているところがあり、なんかカワイイ形をしています。

左側の黄色の玉ボケを見ると、その形がはっきりわかるかと思います。かなりクセのあるもので、苦手な方も多くいるでしょう。絞りをf5.6で普通の六角形の形になりますが、そこまで絞ると構図によりボケがあまりないので、結果的にこちらの変わった六角形を出させたいと思えば、開放にするか、ボケをなくすかの方法しかありません。

レンズとの出会い

先週土曜日の話です。淀川の背割提地区のさくらを撮りに行った帰りに大阪駅にある中古カメラ屋さんに立ち寄りました。ジャンクコーナーを見てい時、店員さんがおそらく入荷したばかりのレンズ二本を置きました。その一本が今回のレンズでした。

店の中が若干混んでいて、とりあえずレンズを持って、確保しました。良く見ると、若干のキズとクモリがありましたが、逆光以外でしたら、使える程度のものでした。税抜き2000円だったので、少し迷いましたが、購入しました。

M42のレンズは比較的に簡単に見つかることはありますが、こちらのレンズはどうやら短期間しか生産されていないらしいので、ある意味ではラッキーでした。こちらのレンズのためにPKマウントアダプターを買うまではいかないかと思いますが、Rikenon用に事前から持っていたので、あまり考えずに買いました。

キズやクモリの状況から考えると、2000円は若干割高かもしれませんが、単焦点のオールドレンズがどれくらい市場から消えてきたかを語っています。

【広告】

撮影テスト

今回のテストは室内、昼間で行いました。被写体の左側にLEDスタンド一本を置き、カメラは三脚に設置しました。使用したカメラはOlympusのEPL-3で絞り優先(A)モードで撮影しました。

クモリの影響が撮影テストに影響を出していると思います。また余裕ある時に分解清掃を行い、他のテストを行いたいと思っていますが、しばらくはこちらでご勘弁ください。

開放(f1.8)

シャッタースピード:1/200
ISO感度:200
露出補整:+0.3

開放だと全体的に甘い描写になりました。これはレンズの特徴そのものか、クモリの影響かどうかは正直分かりません。おそらく、両方の条件がそろって、こちらの結果になったでしょう。コントラストや発色が非常に控えめで、もう少しビビッドに仕上がってもいいくらいかと感じます。

絞りf5.6

シャッタースピード:1/100
ISO感度:640
露出補整:+0.3

f5.6まで絞ると、一気にシャキッとした描写になりました。右側の花のディテールが見えるようになり、開放と比較すれば、大きな違いでしょう。ただ、M42の描写の方がオールドレンズらしく、ちょっと味が足りないかもしれません。

最小絞り(f22)

シャッタースピード:1/40
ISO感度:6400
露出補整:+0.7

M42マウントバージョンと違い、こちらのPKマウントレンズはf22まで絞ることができます。風景写真で全体的にピントを合わせたい構図に良いかもしれません。その分、コントラスト等がまた落ちます。絞りをうまくコントロールしなければ、使い方が若干難しいかもしれません。

管理人が持っているM42マウントのレンズは非常にクリアーで、さらにオールドレンズらしい描写をしているので、今回のレンズより、M42を持って歩きたい気持ちになります。ただ、分解清掃を済まして、もう一度テストを行いたいと思います。その結果次第、今後は交代しながら両方を使ってもいいかと思います。決して悪いレンズではないので、出会いの機会があれば、ぜひご検討してください。

【広告】

レンズスペック

メーカー: Asahi Pentax
マウント: PK
名称:Pentax SMC 55mm f1.8
焦点距離: 55mm
開放F値: f1.8
最小絞り:f22
最短撮影距離: 45cm
ズーム: 無し
絞りリング: 有り
ピント合わせ: MF
フォーマット: 35mmフィルムカメラ用
フィルター径: 52mm

管理人所有のレンズ

クリーニング:
状況: クモリあり
シリアルナンバー:13250**

【広告】