マイクロフォーサーズ機ユーザーなら、誰でもレンズを100%使えないことについて悔しく思っているかと思います。せっかく手に入れたオールドレンズなのに、レンズから入る光の半分しか写らないのは本当にもったいないです。

一方、レンズから入る光を100%使うものがあります。それはPentax Auto 110のレンズです。

Pentax 110 Autoとマイクロフォーサーズ機の関係

昔、Pentaxは一眼レフ気に力を入れていました。35mmフィルムや中判カメラを製造販売し、多くのカメラファンに好評され、今現在もPentax好きな方が多くいます。

1970年代に様々な形のフィルムが開発され、35mmより小さいものも登場しました。126フィルムは有名ですが、その後、Kodak社は110フィルムという規格を開発しました。110フィルムの幅は16mmであり、小さいものから、日本ではポケットフィルムと呼ばれていました。フィルムの一コマサイズは17x13mmで、35mmフィルムの約半分のサイズで、カメラのコンパクト化も可能になりました。

カメラ先輩の方には当たり前の話ですが、「110」は百十や一一ゼロではなく、「ワン・テン」って読みますので、ご注意!

マイクロフォーサーズ機ユーザーなら、ここまで読むと一つ聞き覚えのある話だなあと感じます。そうです。マイクロフォーサーズ機もフルサイズ機のセンサーの半分サイズです。厳密にいうと、17.3x13mmのサイズになります。マイクロフォーサーズ機のセンサーと110フィルムの一コマサイズはほぼ同じです。

Pentax Auto 110レンズの復活

Pentaxも110フィルム用のカメラを開発し、それがPentax Auto 110でした。そして、一眼レフに力を入れていたPentaxは1979年に唯一の110フィルム用カメラでありながら、レンズ交換できるものを開発することに成功しました。

アナログ時代は終わり、デジタル化したカメラ市場でPentax Auto 110はその姿を密かに消えました。一方、Pentaxは110カメラの後継者になるもの、Pentax Qを開発しました。形や大きさは異なりますが、小さなボディでありながらレンズ交換できるカメラとして共通点があります。

Pentax Qに110レンズを使うためのマウントアダプターも発売されましたが、Qのセンサーサイズが110フィルムの一コマより小さく、レンズの100%を使うことができず、マイクロフォーサーズ機に35mmカメラ用のレンズを使うと同じ問題になります。ところで、Pentax Qには1/2.3型(8.8×6.6mm)と1/1.7型(7.6×5.7mm)の二種類があります。

そこで、せっかく110フィルムとマイクロフォーサーズ機センサーサイズが同じくらいでしたら、マイクロフォーサーズ機で110のレンズを使いたいと思ったユーザーが多くいて、その願いを叶うマウントアダプターも様々なメーカーから発売されました。

レンズの焦点距離は35mm換算の表記で、24mmの場合35mm換算で48mm相当になります。レンズから入る光をほぼ100%使いますが、広角レンズが標準レンズのような画角になるところは他の35mmフィルム用のオールドレンズと変わりません。

【参考記事:Pentax 110 50mm f2.8

常に開放の問題

一つ気を付けていただきたい点があります。Pentax Auto 110のボディ側に絞り機構があるため、レンズで絞りをコントロールすることができません。そもそも、レンズに絞り羽や絞りリングがありません。

Auto110のマウントアダプターを探すと、二種類があります。絞り羽着きのものとないものがあります。前者の方が望ましいですが、後者の方が圧倒的に安く(1000円程度)、ちょっとだけ遊びたいのでしたら、絞り羽無しの物の方がいいでしょう。その時、常に開放での撮影になりますが、それでも十分に楽しむことができます。

インターネットで調べると、絞りのないマウントアダプターを使用する場合に穴の開いた厚紙や五円玉を張り付けたりして、多少絞りを付ける方法がありますが、その貼りついたものが剥がれ、センサーに当たる可能性があるため、おすすめしません。開放ばかりで嫌、どうしても絞りたいのでしたら、絞り羽着きのマントアダプターを手配しましょう。

難点?

強いて難点をあげるなら、レンズが非常に小さく、カメラに着けてもなにも付けていないかのような感じがします。ほとんどのオールドレンズは鉄の塊だと言われているため、その重さに慣れているユーザーなら、多少苦労するかもしれません。管理人の場合、EPL-3での撮影はコンパクトカメラを使用している可能ような感じを味わいながら使っていますが、Olympus Airの場合、バランスが悪すぎるため、あまり使いません。

【広告】

撮影テスト

今回も近所の川沿いでテストを行いました。さくらが完全に散る前に、さくらや他のお花を被写体にしました。撮影状況は午前7:00頃、若干曇っていました。

カメラはEPL-3で絞り優先(A)モードを使いました。撮影はカメラ手持ちで行いました。管理人が持っているマウントアダプターは絞り羽無しのもので、すべての写真を開放で撮りました。

作例1

絞り:開放(f2.8)
シャッタースピード:
1/2500
ISO感度:400
露出補整:+/-0

発色とコントラストの高いレンズだと思います。ボケは若干雑であり、被写体とケンカする場合があります。こちらの作例のように、被写体も背景の色が強い場合、気を付けないとよろしくない結果になります。

作例2

絞り:開放(f2.8)
シャッタースピード:
1/6000
ISO感度:400
露出補整:+/-0

こちらの作例には色の強いものを背景にいれず、被写体をうまく引き立てることができました。やはり、発色とコントラストの強いレンズを使う場合、こちらの構図の方が安定します。

作例3

絞り:開放(f2.8)
シャッタースピード:
1/6000
ISO感度:400
露出補整:+/-0

開放で風景撮影にも使えるレンズだと思います。中央部分からだんだん甘くなる描写がオールドレンズらしい写真が撮れます。

作例4

絞り:開放(f2.8)
シャッタースピード:
1/4000
ISO感度:400
露出補整:+1

逆光でフレアを狙いましたが、全く出ませんでした。この辺りは現代レンズとあまり変わりなく、味がでません。

作例5

絞り:開放(f2.8)
シャッタースピード:
1/2000
ISO感度:400
露出補整:+/-0

最短撮影距離ギリギリまで接近してみました。背景に丸ボケが発生しましたが、上記作例1と同じく、発色やコントラストが高いため、若干目立ちすぎになったかのような感じがします。もう少し控えめだったら完璧レンズでしょう?

【広告】

レンズスペック

メーカー: Asahi Pentax
マウント: P110
名称:Pentax 110 24mm f2.8
焦点距離: 24mm
開放F値: f2.8
最小絞り:カメラ側で設定(レンズは常に開放)
最短撮影距離: 35cm
ズーム: 無し
絞りリング: 無し
ピント合わせ: MF
フォーマット: 110フィルムカメラ用
フィルター径: 25.5mm

管理人所有のレンズ

クリーニング:
状況: 非常にクリアー
シリアルナンバー: 10709**

【広告】