数記事前にはMinolta AF 28-80mm f3.5-5.6をご紹介しましたが、今回は同じスペックの違うバージョンのレンズをご紹介します。

【参考記事:Minolta AF 28-80mm f3.5-5.6 II

何が違う?

Minolta AF 28-80mm f3.5-5.6には3つのバージョンがあります。初代と2世代(前回の記事)にはそこまでの違いはありませんが、3世代(今回のレンズ)にはいくつかの改良があって、構成自体が変わりました。

フィルムカメラでの使いから考えると、一番の違いはADI調光対応になるでしょう。導入された新しい機能はフラッシュに関係しており、適切な発光が可能になりました。

初期 II(2世代) D(3世代)
レンズ構成 10群10枚 10群10枚 7群8枚
絞り羽根枚数 8枚 8枚 7枚
最短撮影距離 0.38m 0.38m 0.40m
最大撮影倍率 0.26倍 0.26倍 0.24mm
フィルター径 62mm 62mm 55mm
大きさ・質量 φ69x74mm,230g φ68x74mm,230g φ63x68mm,190g
その他機能 ADI調光対応

【広告】

Minolta AF 28-80mm f3.5-5.6 D

メリット

本レンズのメリットは2世代と同じところでしょう。αマウントデジタルカメラで使うと、フルサイズの場合は広角から標準の範囲をカバーしていて、APS-Cセンサーの場合は35mm換算だと42-120mmになり、標準から遠望になります。両方のセンサーサイズでこちらのレンズ一本だけで多くの撮影が可能になり、カバンに持って行きたいレンズです。

写りに関しては、ミノルタの技術が良くわかる製品だと思います。バランスの取れた描写で、コントラストや色合いにクセがなく、安心して撮影できます。2世代とはそれほど実感できないかもしれませんが、両方ともよい写りを出します。

そして、もっともメリットを感じるのは価格でしょう。管理人が購入したものは、カメラ付きでたった300円だったので、買って損することはありません。

デメリット

2世代レンズと同様、マウント部分がプラスチックで作られているため、若干不安を感じますが、ほぼ20年前のレンズで普通に使えるため、大きな問題はないでしょう。

上記に述べたように、後のガラスが若干出っ張ているため、レンズ交換する時や持ち運びに注意する必要があります。最短撮影距離も2cm長くなりましたが、実感することは殆どありません。

撮影テスト

今回の撮影は野外で行いました。天候は曇りで、18時頃に行いました。日陰で曇っていたので、若干暗い環境での撮影になりました。

フラッシュと三脚は使っていません。

使ったカメラはソニーのα200で、絞り優先(A)モードで撮影しました。

ISO感度は800に固定し、露出補整は行っていません。ピントは最短撮影距離から数十センチ離れたところから合わせました。

開放(f3.5)

焦点距離:28mm (APS-Cで42㎜相当)
シャッタースピード:
1/200
ISO感度:800
露出補整:+-0

開放でも、ピントの合った部分はかなりシャープに写ります。葉っぱのディテールがしっかりと残っています。撮影環境で青味が濃くなりましたが、編集ソフトで調整できる範囲内でしょう。全体的にバランスのいい写真になりました。背景のボケが柔らかく、目立つことはありません。

絞りf8

焦点距離:28mm (APS-Cで42㎜相当)
シャッタースピード:
1/40
ISO感度:800
露出補整:+-0

絞りをf8に設定すると、よりシャープな描写になりました。コントラストやディテールがさらに強くなり、現代レンズとほとんど変わらない描写でしょう。暗い場面でしたが、葉っぱの光っている部分が美しく、普通に使えるレンズでしょう。

最小絞り(f22)

焦点距離:28mm (APS-Cで42㎜相当)
シャッタースピード:
1/5
ISO感度:800
露出補整:+-0

最小絞りに設定するとすべての範囲がシャキッとなり、暗い環境での撮影だったが、コントラストと色合いは失うことなく撮影できました。可能であれば、三脚の使用をおすすめしますが、これは本レンズに限らず、上記の設定問題になるでしょう。

ズームでの開放(f5.6)

焦点距離:80mm (APS-Cで120mm相当)
シャッタースピード:
1/80
ISO感度:800
露出補整:+-0

最後に、ズームで焦点距離を80mmに変え、開放で撮影してみました。背景のボケに玉ボケがでたり、かなり面白い写真になりました。ピントの合っている部分はシャープで、28mmと同様に、シャープで葉っぱのディテールを失っていません。

なお、3世代のレンズに表記がなく、購入する際に外観で判断するしかありません。初期のレンズは若干丸く、二世代はシンプルな作りになっています。3世代が一番分かりやすく、マウント部分にいくつかの違いがあります。3世代の物があれば、比較できますが、なければ、初期と2世代の電子接続(金属の部分)が5つあり、3世代には8つあります(なお、3世代のレンズフードには「D」の表記があります)。

初期のレンズは持っていないので、写りに関しては分かりませんが、2世代と3世代に関しては、両方ともミノルタらしい描写を持っているので、両方ともおすすめします。

【広告】

レンズスペック

メーカー: Minolta
マウント: α Aマウント
名称:Minolta AF Zoom 28-80mm f3.5-5.6 D
焦点距離: 28-80mm
開放F値: f3.5-f5.6
最小絞り:f22-38
最短撮影距離: 40cm
ズーム: あり
絞りリング: 無し
ピント合わせ: AF
フォーマット: 35mmフィルムカメラ用(デジタルαAマウント可)
フィルター径: かなり55mm

管理人所有のレンズ

クリーニング:
状況: クリアー
シリアルナンバー: 952284**

【広告】