今回ご紹介するオールドレンズは改造レンズの部類に入るかと思います。改造と言っても、非常に簡単な作業で、数分あればデジタルカメラで使えるようになります。そして、管理人のコレクションで一番古いオールドレンズになります。

セミパール

戦前、蛇腹カメラが普及していました。その中、昭和13年ごろに六櫻社からセミパールが発売されました。戦後、様々な改善を行い、セミパールシリーズは長く続けられました。明治6年に小西屋六兵衛店で始まった写真関連の販売店が、後に六櫻社という工場ができて、さらに小西六になった。この辺りから親しみのある会社名かもしれませんが、1987年にコニカに改名され、2003年にミノルタとの合併により、コニカミノルタが誕生した。はい、このセミパールシリーズはコニカミノルタのカメラです。

セミパールにはI、II、III等のモデルがあり、中に初期型や後期型等もあります。管理人が調べたところ、セミパールI初期型のレンズ部分にRokuoh-shaの文字があり、管理人が持っているレンズにはKonishirokuの表記があります。いずれにしても、戦前のカメラだと思います。シャッター部分はDurax製で、1/100から1、Bの設定ができます。絞りはf4.5からf22までで、レンズは75㎜(35㎜換算で41㎜相当)で、蛇腹カメラの多くに見られるスペックです。

昨年の夏、オークションで落札しましたが、全体的にサビや剥がれ、ファインダー部分のパーツも欠品されていました。蛇腹部分の劣化はかなり進んでおり、カメラとして使うのはかなり困難な状態でした。正直、最初からレンズを取り出すつもりで落札したので、レンズが動いていいればOKだと思っていましたが、いざ何世代前の大先輩カメラを分解することになると、かなり申し訳ない気分になりました。ところで、付属のYフィルター(黄色)は付いてきました。

管理人が購入したレンズの光学はまあまあいい状態でしたが、分解清掃をしました。

本レンズは簡単に分解でます。ただ、シャッターや絞り部分はかなり小さく、こちらはよほどの理由がなければ分解しないほうが良いだと思います。

レンズ改造(デジタルカメラでの装着方法)

必要なもの

  • セミパルI型
  • M(L)39→M42マウント変換リング
  • M42マウントアダプター
  • M42ヘリコイドチューブアダプター(おすすめ)
  • M42接写リング(ヘリコイドチューブアダプターがなければ)

改造方法

まずはセミパルの前面を閉じたまま、裏蓋(フィルム取り入れの蓋)を開けます。蛇腹のレンズの部分を固定しているリングが見えます。カニ目レンチでそのリングを外し、前蓋を開けると、レンズ部分が取り外せます。取り外していたリングを戻します。

レンズの後ろ側を確認すると、フォーカスリングの接する部分が(偶然的?)39㎜あり、そこにM39→M42の変換リングをはめます。ピッタリだと言えませんが、実用範囲内です。不安になる方は接着剤等を使用してもいいと思いますが、管理人は使用していません。

シャッターを固定するには、シャッタースピードをBに合わせて、シャッターのスイッチを何らかの方法で固定させます。管理人が持っているものは、シャッター部分が戻らないという問題があり、その不具合のおかげでそのまま使えるようになっています。

ここまでのプチ改造を進むと、M42マウントで使用できるようになりますが、そのままマウントアダプターに装着するとフランジバックが合わず、ピントを合わせるのは不可能です。こちらの問題を解決するには、接写リングを使います。ピント合わせはもともとレンズのものを使いますが、正直、若干使いづらいです。

接写リングの代わりにヘリコイドチューブアダプターを使用すると、レンズのヘリコイドを触らずに、ピントを合わせます。こちらの方が圧倒的に使いやすく、無限遠も出せます。

本レンズはモノクロフィルム時代のもので、コーティングされていませんが、付属でYフィルターがついていました。モノクロでの撮影の際、使用されると、よりバランスのいいモノクロ写真が撮れます。フィルターを外すと、カラー写真に使えて、シャキッとした描写になります。

レンズは75㎜ですが、こちらは35㎜フィルムではなく、中判フィルムですので、35㎜換算41㎜相当になります。マイクロフォーサーズで82㎜相当になり、ポートレートによく使われる85㎜に近いものとなりますので、レトロな仕上がりに使えると面白いかもしれません。管理人は、主にスナップ撮影に使えていますが…

【広告】

撮影テスト

今回の撮影テストでは、いつもより多少変わっています。本来、モノクロフィルム時代のカメラについていたレンズのため、絞りのテストはモノクロで行いました。ここでは、Yフィルターを使用していました。さらに、Yフィルターあり・無しの比較も行い、最後にカラー撮影も行いました。

そして、本ブログの初フルサイズでの撮影テストになります。残念ながら、α7購入は先になりますので、M42の使えるCanonの一眼レフを使用しました。

撮影環境は昼間(雨で若干暗くなっていました)、被写体の左側にライトスタンドを設置しました。カメラはCanon 5D mark IIで、三脚も使いました。カメラの設定は絞り優先(Avモード)、モノクロ写真のPicture Styleはカメラのモノクロモード、カラーの画像はスタンダードにしました。トップ画像はEPL3に装着していますが、Instagramの作例はそちらで撮っています。

開放(f4.5)

シャッタースピード:1/40
ISO感度:800
露出補整:+0.7

戦前のレンズと思えないくらい描写です。開放とはいえ、f4.5ですので、普通に使えます。わざわざ絞り必要がなく、普段は開放でしか使えません。

絞りf8

シャッタースピード:1/13
ISO感度:800
露出補整:+0.7

f8にすると、さらにシャキッとなります。そのせいか、コントラストも上がっているような気がします。裏側のプラカードのディテールがよりよくキレイに見れます。ただ、シャッタースピードが1/13になり、現場での使いの場合、ISO感度を上げないと若干厳しくなります。

最小絞り(f22)

シャッタースピード:2″
ISO感度:800
露出補整:+0.7

最初絞りまで持って行くと、実用範囲外になります。こちらのテストでの設定上、シャッタースピードが2秒になったため、ここまで絞る必要はないと思いました。さらに、シャッタースピードが長くなった分、中央付近が白くなっています。現場では、ここまで絞って使ったことはありません。むしろ、いつも開放で使っています。

Yフィルターの有無

絞り: f4.5(開放)
シャッタースピード:
1/40
ISO感度:800
露出補整:+0.7

付属のYフィルターの有無を比較すると、当然、フィルター無しの方のコントラストが高いです。一方、モノクロで優しい仕上がりを目指したいのなら、フィルターを装着した方が良いだと思います。管理人は町の風景等を撮影するときにフィルターを装着し、被写体に接写する撮影(お花など)の場合はフィルターを外しています。ここは撮影現場の状況により、ケースバイケースですので、どちらが良いかとは撮ってから比較するしかありません。

カラー撮影

絞り: f4.5(開放)
シャッタースピード:
1/40
ISO感度:800
露出補整:+0.7

最後にカラーでテストをしました。被写体の色が地味で、撮影してから反省しました。より派手な被写体を撮ると、より派手に鋭い描写になります。原因はフルサイズ機の使用か、各アダプターの問題か分かりませんが、程よい自然なケラレも映り込んで、個人的に好きです。

【広告】

作例

管理人Instagramアカウントで作例を投稿しています。以下、数枚分を貼っておきます。

S.Ebatchさん(@ebatch.photo)がシェアした投稿S.Ebatchさん(@ebatch.photo)がシェアした投稿S.Ebatchさん(@ebatch.photo)がシェアした投稿S.Ebatchさん(@ebatch.photo)がシェアした投稿S.Ebatchさん(@ebatch.photo)がシェアした投稿レンズスペック

 

レンズスペック

メーカー: 小西六 (現コニカミノルタ)
マウント: 改造(固定)
名称:Durax Konishiroku Hexar
焦点距離: 75mm
開放F値: f4.5
最小絞り:f22
最短撮影距離: 4ft(改造前)
ズーム: 無し
絞りリング: 有り
ピント合わせ: MF
フォーマット: 中判フィルムカメラ用
フィルター径: ?mm

管理人所有のレンズ

クリーニング:
状況: 若干の埃
シリアルナンバー: 376**

【広告】