前回は本レンズの「お兄さん」であるCanon FL 50mm f1.8 I(初期型)を紹介しましたが、お兄さんレンズの特徴は「ぐるぐるボケ」が得られるだと述べました。

【参考記事:Canon FL 50mm f1.8 初期型

では、弟の本レンズの特徴は何でしょう?正直、ありません。とにかく、キレイな描写で癖のあるぐるぐるボケもなく、普通なレンズです。つまり、入門レンズとしてピッタリです。とになく、明るく安いレンズが欲しいのなら、こちらのレンズを購入するのはありだと思います。

こちらのFL 50mm f1.8 II(後期型)はFD用のマウントアダプターでそのまま使えます。ジャンクコーナーで見かけることもあるので、安くオールドレンズを楽しみたいのなら、ぜひおすすめします。

たしかに、ぐるぐるボケに関しては、前期型の方が作りやすいのですが、こちらの後期型が完全にできない訳ではありません。多少は苦労しますが、全ての条件が揃えれば、ぐるぐるボケが出ます。ただ、繰り返しになりますが、かなり厳しいです。

初期型を一発で見分ける方法について、こちら【参考記事:Canon FD・FLマウントアダプター改造】をご参照ください。

ちょっとしたエピソード

実は今回紹介しているFL 50mm f1.8 IIは管理人の2本目のレンズになります。最初に買ったレンズを清掃するために分解しましたが、失敗しました。ただ、FDの同じスペックのレンズも持っていましたし、初期型も持っていて、失敗したことにショックを受けなかったです。

ただ、何十年の頑張ってきたレンズを自分の手でダメにしたことに関しては、申し訳ありません気持ちになりました。

そして、先日、とある中古カメラ屋さんのジャンクコーナーにCanon FXとのセットでまた出会えることになりました。確かに1500円だったので、迷わず購入しました。最近、ジャンクコーナーで単焦点のオールドレンズを見かけることがあまりないので、とりあえず確保しようと思いました。

今回は大事に使いたいと思います。

【広告】

撮影テスト

今回は夜間の室内撮影になりました。被写体の左側にライトスタンド一本を設置し、他の照明器具は使っていません。モデルさんには自衛隊のTEDちゃんたちを選びました。

カメラはOlympusのEPL-3で、絞り優先(A)モードで撮影しました。ISOは固定で、露出補整は下2枚に+1に設定しました。三脚も使用しました。

開放(f1.8)

シャッタースピード:1/400
ISO感度:200
露出補整:+-0

開放でもかなり強いコントラストをだしているかと思います。ファイルをパソコンで開いたとき、開放のテストの1枚だけ露出補整を使わずに少し暗めになったの気づきましたが、テストとして参考になると思います。ボケに関しては、クセがなく、優しい描写な印象になります。

絞りf5.6

シャッタースピード:1/30
ISO感度:200
露出補整:+1

コントラストもピントもかなりキレイです。現代レンズに全然負けていないと思います。モデルのクマさんたちは10㎝ほどですので、小さな被写体を撮るにも向いています。ただ、最短撮影距離は60㎝ですので、構図を決める際、多少の工夫が必要かもしれません。

最小絞り(f16)

シャッタースピード:1/4
ISO感度:200
露出補整:+1

あれ?ピントは海軍のクマさんにおいてますが、真ん中の陸軍のクマさんがぼやっとして、後ろの空軍のクマさんにまたピントが戻ってきます。正直、理由は分かりません。レンズの汚れだったかな?最小絞りの問題かな?最小絞りであまり使いたくないですね…

今回のテストからすると、現代レンズに負けない素晴らしレンズであることが分かります。一方、クセがなく、普通にきれいという印象を与えることもあります。とにかく、安くて明るいレンズが欲しいのであれば、購入しても損しない一本だと思います。

【広告】

レンズスペック

メーカー: Canon
マウント: FL
名称:Canon FL 50mm f1.8 II (後期型)
焦点距離: 50mm
開放F値: f1.8
最小絞り:f16
最短撮影距離: 60cm
ズーム: 無し
絞りリング: 有り
ピント合わせ: MF
フォーマット: 35mmフィルムカメラ用
フィルター径: 49mm

管理人所有のレンズ

クリーニング:済(前玉のみ)
状況: クリアー
シリアルナンバー: 2445**

【広告】