今回ご紹介するレンズもオートフォーカスになります。タイトルにオールドレンズと書きましたが、こちらのレンズは2003年に発売されましたが、現役のもので普通に使われています。準オールドレンズという新たなカテゴリーを作りたいくらいです。

【参考記事:オールドレンズと現代レンズの比較

Canon Zoom EF 55-200mm f4.5-5.6 II USM

本レンズは初代Canon Kissデジタルの木っとレンズとして発売されましたが、ボディー側がAPS-Cセンサー採用でありながら、フルサイズ対応になっています。つまり、現在のCanonフルサイズカメラでも使えます。なお、APS-Cセンサーカメラに装着すると、35mm換算で88-320mm相当になります。

メリット

今回ご紹介になっているレンズは非常に軽くてコンパクトです。フルサイズ機の場合、そのまま55mmから200mmまで対応していて、標準から望遠の領域をカバーしています。荷物の量を抑えたい時に持って行くピッタリなレンズです。

昔のCanonFL・FDレンズに比べ、かなり安定してて、歪み等がほとんどなく、どんな撮影にも向いています。

そして、もっともメリットの大きな点は、本レンズは非常に安く、状態のいいものでも、中古カメラ屋て5000円前後で購入できます(発売当時の価格は40000円で、もともとから高いレンズではありません)。本レンズの弱点について、いくつかの工夫により、最新レンズと変わらない描写を得られるので、ぜひおすすめしたい一本です。

デメリット

本レンズの現在販売価格からすると、デメリットの部分を無視することができるくらいコストパフォーマンスの高いものです。強いて弱点をあげるとしたら、多少暗いっという難点があります。手振れ補正機能を搭載していないため、ボディーにもその機能がなければ、暗い場面での使用は難しくなります(最終的に、三脚を使ってシャッタースピードを遅くするか、ISO感度で対応するしかありません)。

こちらのレンズはUSM技術を搭載しているため、オートフォーカスは速いですが、最短撮影距離から無限やその反対へ稼働される場合は若干時間がかなります。さらに、若干うるさいというところもありますが、よほどの撮影環境でなければ、普通に使えます。

デメリットよりメリットのポイントが圧倒的に多く、コストパフォーマンスの高いレンズのため、ぜひおすすめしたいレンズ。Canon EOSのボディーのみを買った場合、キットレンズも同時購入したが、広角~標準の領域のレンズのみを買った場合はぜひこちらのレンズも揃いましょう。

ところで、管理人は本レンズをもって、とある演奏会の撮影にお手伝いで行きました。ホールは暗く、さらに演奏中は非常に静かでオートフォーカスのモーターの音が気になる場面ですが、普通に使えました。

[adinserter block=”1″]

撮影テスト

ゴールデンウィークの前半ですが、管理人は研修を受けるため、横浜へきております。撮影テストは研修施設の窓から行いました。天候はすこし曇りで、午前中に行いました。

使用カメラはフルサイズ機のCanon 5D Mark II、撮影モードは絞り優先(Av)モードで、ISO感度を100に固定しました。露出補整は+-0にしました。

1枚目から3枚目は一番短い焦点距離である55mmで開放・f8・最小絞りのもので、最後の4枚目は最大ズームの200mmを開放で撮影しました。

開放(f4.5)

焦点距離:55mm
シャッタースピード:
1/800
ISO感度:100
露出補整:+-0

ピントは手前3~4m先に置いています。オールドレンズらしい写りはありませんが、逆に現代レンズとほとんど変わらない写りになっています。メインの被写体を最短撮影距離に置けば、背景をもっとボカすことが可能になっていたでしょう。ボケの量は少なめですが、柔らかすぎず、強すぎず、バランスのいい写りを出しています。

絞りf8

 

焦点距離:55mm
シャッタースピード:
1/250
ISO感度:100
露出補整:+-0

f8で撮影すると、開放の撮影とほとんど変わらない結果になりました。コントラスト、色合い、シャープ等、すべての様子が適切になっているでしょう。

最小絞り(f22)

 

焦点距離:200mm
シャッタースピード:1/30
ISO感度:100
露出補整:+-0

最小絞りでの撮影にすると、すべての領域にピントが得られるのは当たり前ですが、シャープやコントラストを失わずに撮影できます。多少遠くにある被写体と背景を一体化して撮影したいのでしたら、本レンズを使っても問題ないでしょう。

ズームでの開放(f5.6)

焦点距離:200mm
シャッタースピード:
1/200
ISO感度:100
露出補整:+-0

ズームを最大限に利用されれば、背景が美しくボケます。撮影テストを行った時は霞んでいたため、レンズ本来の魅力を発揮することはできなかったのですが、光量等を適切に考えればよりいい写真が撮れるでしょう。

[adinserter block=”5″]

レンズスペック

メーカー: Canon
マウント: EFマウント
名称:Canon Zoom Lens EF 55-200mm f4.5-5.6 II USM
焦点距離: 55-200mm
開放F値: f4.5-5.6
最小絞り:f22-27
最短撮影距離: 120cm
ズーム: あり
絞りリング: 無し
ピント合わせ: AF
フォーマット: 初代Kissデジタルキットレンズ(APS-C)ですが、フルサイズ対応
フィルター径: 52mm

管理人所有のレンズ

クリーニング:
状況: クリアー
シリアルナンバー: 942051**