本ブログでは、カメラを勉強するとき、最初の一歩は基本的な構図から始める方法をおすすめしています。その段階で勉強するためには手持ちのスマホ等を使ってもできます。

【参考記事:カメラ超入門・初心者カメラ・ミラーレス、中古のおすすめ
【参考記事:カメラ超入門・初心者は0円からスタート、中古カメラの注意点

基本的な構図をマスターすれば、次のステップへ進みます。次のステップではマニュアル設定のできるカメラが必要になります。上記の記事でおすすめしたのはミラーレスカメラですが、マニュアル設定のできるコンパクトカメラもあります(最近のスマホも一部の設定ができるようになっているそうです)。ただ、ここで写真の楽しさを実感するには、やはり、レンズ交換のできるカメラがいいでしょう。単焦点の明るいレンズ一本だけで、劇的な変化を感じることができます。

では、マニュアルカメラを用意したとして、カメラの各撮影モードのついてみてみましょう。

目標はマニュアルモード?

カメラ技術の進化がだんだん進み、以前大変だったカメラの設定が楽になり、シャッターを押すだけで素敵な写真が撮れます。これは完全にカメラ任せという形で、カメラが適切な絞りやシャッタースピード等を考えてくれます。私たちには、構図(何を撮りたいか)を考えるだけでいいです。

一方、どんなに優れているカメラでも、写真を創造することはできません。あくまで露出等の平均を計算して、よりいいものを撮影するだけになります。

写真を芸術的にとるには、やはり、カメラ任せではなく、自由自在にコントロールする必要があります。

良く勘違いされるのは、プロだとマニュアルモードしか使っていないということがあります。確かに、自分の考えた写真をそのまま撮影するには、カメラを自由自在にコントロールする必要があります。でも、これは決してマニュアルモードでしかできないって訳ではありません。マニュアルモードでできますが、場合により、カメラの便利さを活用して、他のオートモードを使ってもいい場面があります。むしろ、使った方がいい場面があります。

プロだからこそ、どの場面でどのモードを使い分けることができます。そうです!マニュアルモード以外にすべてのモードを把握する必要があります。マニュアルモードはカメラの勉強の目標ではなく、一つの段階です。

[adinserter block=”1″]

スパルタ教育はお好きですか?

カメラの各撮影モードを把握する必要があります。全てのモードをコントロールできれば、より快適にカメラ人生を楽しむことができます。

マニュアルモードのあるカメラなら、完全にカメラ任せモードと完全に手動設定モード、その間の半自動、半カメラ任せの撮影方法があります。一番簡単なのはカメラ任せモードで、半面に難しいいのはマニュアルモードでしょう。

カメラ任せ(オート)は初期の段階で把握したのを前提にすると、その次のステップはどれでしょう?二つの考えがあります。一気に一番難しいマニュアルモードを勉強し、それを把握すれば他のプログラムモードや絞り優先モードなどが自然に学べます。もう一つの考え方は自動→半自動→手動をステップバイステップに学ぶ方法です。

どちらが効率いいか、どちらが早く学べられるかは人それぞれです。また、自分の好きな写真分野によりその順番が異なります。

個人的には、オートからマニュアルモードを直接勉強するのはかなりスパルタ教育になると思います。管理人のおすすめは一歩ずつ進む方法です。

[adinserter block=”5″]

もう少し細かく

なお、具体的に各モードでどのように設定するかについて、他の機会があれば本ブログで投稿します。とりあえず、カメラの取扱証明書をしっかり読むところから始めましょう。前回の記事でも述べましたが、中古カメラを買ったかたや取扱証明書を捨てた場合はカメラメーカーからダウンロードしましょう。極端に古いカメラでなければ、ダウンロードできます。場合により、海外のサイトで英語版のダウンロードもできることができます(海外サイトでダウンロードを行う際、ウイルス等に気を付けましょう)。

ここでもう少し細かく知りたい方は各カメラメーカーのホームページを訪問するのがお勧めします。もちろん、自分の持っているカメラ以外のメーカーもぜひみてください。初心者用に様々なヒントや撮影方法の特設ページがあります。このシーンにどんなモードを使えばいいのか、逆にこのモードでどんなシーンで活躍できるかについて色々載っています。

さらに深堀をしたい方は、Youtubeで検索するのもお勧めします。自分の持っているカメラと違うものを使っているかもしれませんが、実際に撮影しながら学べる動画がたくさんあります。各モードの表記(例えば、絞り優先ならAかAvモード)は異なるかもしれませんが、機能は同じですので、参考になります。

余裕があれば、教材も1冊や2冊も用意しましょう。DVD解説つきのものでしたら、なおさら良いです。初期の段階では、教材の作例をそのまま再現したり、マネするのが非常に勉強になります(写真コンクールに応募できませんが…)。撮影に出かけるとき、その本とカメラの取扱証明書を持って行きましょう(取扱証明書をメーカーのホームページからダウンロードするとスマホに入れられるので便利です)。

他にInstagramで様々な写真を見て、タグを頼りに自分の撮りたい写真に近いもの(あるいは訪れる場所を検索し)を探して、まねると勉強になります。最初はマネにすぎませんが、徐々に自分のやり方がでてきて、オリジナルな作品が生まれます。

本記事のパート②では、管理人の勉強方法(教える方法?)をご紹介します。

【参考記事:カメラ超入門・各撮影モードでカメラ上達しましょう!