前回の記事ではこれからオールドレンズを始めようとする方にどのようなシーンで使えるか、シーン別でオールドレンズの使い方について述べました。今回はそれよりさらに初心者への記事になります。これからカメラを始めようと思っている方、ベテランだけど誰かにカメラを教えたい方への参考になればと思います。

管理人の経験

管理人がカメラを始めた時には誰にも教えてもらうことなく、なんとなくカメラを始めました。最初はコンパクトカメラで適当にパシャパシャ撮っていました。色々な所へ旅行をして、パシャパシャ…今はその過去の写真を見ると本当に後悔します。もう少し知識があれば、あの場所をもう少しかっこよく撮っていれば…まあ、それも勉強になったことです。

そして、ある日コンパクトカメラでさくらの写真を撮り、SNSに投稿したら知り合いから褒められました。運がよく、キレイに撮れたってことだけでした。それをきっかけにミラーレス機を買って、本格的にカメラの勉強を始めました。あれこれ数年が経ち、まだまだ勉強する必要はありますが、多少はマシになったと思います。

最近、友達もカメラに興味を持ち始め、少しずつ教えることになりました(そんな立場ではありませんが…)。そこで、効率よく教える方法を考え、後に紹介する方法をやっています。

確かに写真の教材やカメラ学校があって、それぞれで教え方があります。これは絶対という方法はありませんが、これからご紹介する方法は少なくとも苦労せずにカメラを楽しめるかと思います。

[adinserter block=”1″]

まずは、どんなカメラを用意すればいいでしょうか?

スマホ、コンパクトカメラ、ミラーレス、一眼レフ…様々なカメラがあります。各カメラにメリットやデメリットがあり、どちらからスターとすればいいかって判断するのは難しいです。

以下は、まず勉強するのは構図だと紹介しますが、こちらの段階ではスマホやコンパクトカメラであってもなんでも大丈夫です。ただ、これらのカメラは機能的に限界があり、最初の段階にしか使えないでしょう。そうなりますと、一眼レフカメラは良いかもしれませんが、ファインダーに写るものは必ずしも写真になるわけではありませんので、要注意かもしれません。

ミラーレスからスタート

ここで管理人がお勧めするのはミラーレス機です。ミラーレス機はレンズ交換ができるため、入門から中級まで長く使えます。さらに、電子ファインダーがあれば、ほとんどの場合は最後に残ろ写真そのものが写るので分かりやすいでしょう。一眼レフに比べれば、少し小さく軽いのですが、カメラの構え方を勉強するにも使えます。型落ちしている中古の物は安く買えるのもいいでしょう。

そして、一番のメリットは、オールドレンズが使えます!

管理人が使っている、そして友達に教える時に使っているのはOlympusのEPL-3です。こちらのカメラにはファインダーはありませんが、別売りで電子ファインダーを付けることができます。EPLシリーズの最新版はEPL-9ですので、可能であれば、もう少し新しいモデルを購入した方がいいかもしれませんが、管理人のように、10年前のカメラであっても大丈夫です。

[adinserter block=”5″]

最新のカメラは?

経済的に余裕があれば、最新のカメラを買っても問題ないでしょう。ただ、ここで注意する点がいくつかあります。

最新のミラーレスや一眼レフは決して安くはありません。知識ゼロで10数万円使って、結局普通の写真しか撮れないことになったら、だれでも挫折します。どんなに新しく、すごい機能があっても、ある程度の知識がなければ、カメラだけでカバーすることはできません。

普通の写真しか撮れなくなると、カメラの楽しみがわかる前に諦めることになります。その段階で諦めて、せっかく買ったカメラを売れればいいのですが、買取では元のお金をとるのは決してありえないので、そこだけでかなりの損が発生します。カメラの他にアクセサリ等を買っていれば、尚更です。

中古カメラからスタート

とにかく、カメラを好きにならないと何もスタートしません。そして、ある程度結果が出なければ、好きにはなれません。そのため、最初は型落ちしているものや中古でスタートする方法をおすすめします。どんなに最新のカメラを買っても、ちゃんとした写真が撮れるようになるまでは時間がかかり、その時はさらに新しいカメラがたくさん発売され、自分が持っているカメラが物足りなくなります。最新の物はある程度撮れるようになってから買いましょう。そのうち、貯金して、自信が持てるようになったら、一気にアップグレードする方法が賢いかもしれません。

余談かもしれませんが、知識さえあれば、カメラは問いません。プロなら、どんなカメラであっても、素晴らしい写真が撮れます。プロのカメラマンはトップの一眼レフでも、写ルンでも、スマホでも、なんでも使え、与えた器材を活かして、一般の人と違った作品が作れます。

カメラを始める前にどんなカメラを買うか迷いますが、実際、どんなカメラにするのかは最後の迷いかもしれません…

パート②では、「0円からスタート」と「中古カメラの注意点」について述べます。続きを読むには下記のリンクからどうぞ。

【参考記事:カメラ超入門・初心者は0円からスタート・中古カメラの注意点