今回は本ブログ初の外国産レンズを紹介します。現在はロシアンレンズだと言われますが、正確にいうと旧ソ連産になります。ご紹介するのはオールドレンズで有名なHelios 44 58mm f2です。

Biotarの安価版?

Helios44Mは銘玉であるCarl ZeissのBiotarを模して作られたレンズです。ぐるぐるボケ好きな写真家やカメラマンに堪らないレンズです。

オールドレンズ 作例

このような写真が撮れます!

本日、某国内オークションサイトで確認したところ、オリジナルのBiotarは3万円前後で落札されており、Helios 44-2は1万円前後で落札されています。

銘玉と似たような描写を持ちながら、1/3の価格で手に入れられるところだけで魅力を感じます。

焦点距離は中途半端な58㎜で、あまり見慣れない数字ですが、現場では、50㎜とそこまで変わらず、普通に使えます。開放はf2で、比較的に明るいレンズで、どんな撮影スタイルにも対応するものです。

M42マウント、ぐるぐるボケの出し方

本レンズはM42マウントを採用されています。M42マウントのマウントアダプターが多く、フランジバックが長く、ミラーレスだけではなく、Canon EOSでも使えます。Canon EOSのフルサイズ機でも、補整レンズ付きマウントアダプターが必要でないため、本来のレンズの写りを楽しむことができます。

一方、ぐるぐるボケを楽しめたい方には、注意点があります。ぐるぐるボケを出すとき、基本的に被写体を構図の真ん中に持ってきます(日の丸構図)。そして、背景をなるべく遠くにならないと、なかなか上手く撮れません。

管理人の作例では、被写体を1m先、背景になる木は10m先にしました。木漏れ日を利用して、ぐるぐるボケの出しやすい条件を目指しました。ぐるぐるボケの部分を玉ボケ一杯にして、幻像的な作品が作れます。

オールドレンズ 作例

玉ボケだけでも楽しめるHelios 44

フルサイズ機なら上手くぐるぐるボケが撮れる確立が高いです。一方、APS-Cや特にマイクロフォーサーズ機になると、若干困難な点があります。

ぐるぐるボケが一番強くなるのは、レンズの淵の部分から写される被写体です。フルサイズ機以外のカメラだと、センサーはレンズの中心部分から入ってくる光しか読み取れないので、せっかくのぐるぐるボケがトリミングされることになります。管理人が持っているマイクロフォーサーズ機だと、さらに難しいです。

何種類ありますか?

本レンズには若干ややこしいところがあります。長年生産されたレンズのため、その中にいくつか改良が行われ、何種類があります。さらに、旧ソ連の様々な工場で作られていて、生産元により質や作りが異なる場合があります。

現在、絶賛されているHeliosは44-2です。44-2は一番ぐるぐるボケの出しやすいモデルになります。第一世代は1950年代に生産され、色はシルバーです。第二世代から黒い筐体に変更され、一番多く出回っているかもしれません。上記の44-2はこちらの第二世代にあたります。ただ、多く製造された分、当たり外れが多く見られます。

さらにその進化版であるのはHelios 44Mシリーズです。この中にもいくつかモデルがあり、管理人が所有しているのはこちらのシリーズの中の一つである44M-4になります。

ただ、気を付けていただきたいのは、44Mシリーズから改良が行い、ぐるぐるボケが出しにくい構造になりました。

つまり、ぐるぐるボケを出したいのなら、Helios 44M-4とマイクロフォーサーズ機は一番よろしくない組み合わせになるかもしれません。ただ、不可能ではないので、ここは頑張って、色々な設定を試して、ぐるぐるボケを撮るしかありません。

オールドレンズ 作例

レインボーフレアも楽しめましょう(彩度を上げる加工をかけています)!

[adinserter block=”1″]

管理人のエピソード

正直、管理人が一番欲しかったのはぐるぐるボケの出しやすいHelios 4け4-2の方でした。いいえ、まだ欲しいです。機会があれば、ぜひ買おうと思っています。一方、ネットオークション巡りしていたら、奇跡の出会いがありました。

Heliosレンズのことを知ったのは、母国のYoutubeチャンネルでカメラの方を紹介されていた時でした。こちらのレンズが標準でついていたのはZenitの12XPでした。Zenit 12XPには、普段なら嫌あわれるところしかありません。デザイン的には丸みがなく、非常に思いです。愛称は「ロシアン戦車」って説明したら、納得するでしょう?しかし、だからこぞ、こちらのカメラが欲しかったです。ザ・オールドカメラって感じがします。

Zenitのカメラ及びレンズには、国内用と外国用があります。旧ソ連以外に海外でも製造されていて、昔はブラジルにも工場がありました。外国向けのカメラやレンズには、ブランド名等はローマ字で書いている一方、国内用の物はキリル文字で表記されています。

脱線しましたが、奇跡の出会いの話に戻しますと、ある日、オークションサイトで旧ソ連向けのZenitを見かけました。未使用品で、元箱、ストラップ、取扱証明書、カメラケース、レンズのフロントキャップ、全揃いで出品されていました。ただ、付属のレンズは44-2ではなく、Helios 44M-4でした。出品を見た時、ぐるぐるボケ出るか出ないかがどうでもよくなり、とになくほしいと思いました。意外と落札数が少なく、簡単に落としました。今まで一番嬉しかった落札でした。

撮影テスト

今回の撮影テストは室内で行ったため、ぐるぐるボケを出さずに行いました。カメラはCanon 5D mark II、絞り優先(Av)モードに設定しました。いつも通りですが、三脚も使いました。

開放(f2)

シャッタースピード:1/125
ISO感度:800
露出補整:+0.7

上記にぐるぐるボケの出し方について、被写体と背景を離れないと出しにくいと述べましたが、こちらの撮影テストの場合、手前のクマさんと後ろ側のクマさんに数センチの距離しかありませんが、若干のぐるぐるボケ感が見られます。ただ、開放に設定すると、ピントがかなり甘くなります。

絞りf5.6

シャッタースピード:1/30
ISO感度:800
露出補整:+0.7

少しだけ絞るとシャープになります。後ろ側のクマさんに適量なボケがかかっていて、被写体を引き立たせる構図になります。メリハリのある作品を作りたいとき、ぜひ使ってもらいたいレンズです。柔らかいボケに標準的な色合いで、現代レンズより優しい感じな作品が作れます。

なお、ぐるぐるボケが激しいとき、被写体と背景がケンカすることになる場合があります。メイン被写体を目立たせたいのに、背後にある螺旋が目立ちます。保険の意味で開放と若干絞ったもの両方を撮るのお勧めします。

最小絞り(f16)

シャッタースピード:1/2
ISO感度:800
露出補整:+0.7

最初絞りに設定すると、コントラストが落ちます。ボヤっとした写りになるので、あまりおすすめできません。

[adinserter block=”5″]

レンズスペック

メーカー: Zenit
マウント: M42
名称:Helios 44M-4
焦点距離: 58mm
開放F値: f2
最小絞り:f16
最短撮影距離: 50cm
ズーム: 無し
絞りリング: 有り
ピント合わせ: MF
フォーマット: 35mmフィルムカメラ用
フィルター径: 52mm

管理人所有のレンズ

クリーニング:
状況: 非常にクリアー
シリアルナンバー: 902367**