今回ご紹介するオールドレンズはリコーのXR Rikenon L 50mm f2です。こちらのレンズにいくつかのバリエーションがありますので、購入を検討されている方はどちらのバージョンか確認した上で購入してください。

XR Rikenonはリコー社の大ヒットした1978年発売XR500フィルムカメラとセットで販売されていました。後継者のXR1000ともセットされ、キットレンズ扱いのようなものです。つまり、ネットオークション等で簡単に手に入れることができます。

当時のリコー社はサンキューパでマーケティング戦略を行い、安さを売りにしていたそうです。しかし、こちらのレンズは和製ズミクロンと呼ばれる優れた描写を持ったレンズで今でも、ファンが多くいます。

しかし、前期型、後期型があり、それらのバリエーションで写りが異なっているそうです。管理人はこの一本(後期型)しか持っていないので、比較はできませんが、個人的にはかなり気に入っております。

シャープな描写、優れたコントラスト、外見の可愛らしさ、評判のいいレンズで、今でも支持者が多いです!開放はf2で、明るさを保ちつつ、ピントの合っているところはシャキッととしています。さらに、ピントがつかみやすく、気持ちよく使えます。ただ、最短撮影距離が60cmで、お花などの撮影にはもう少し寄りたいと思う場面があります。一度は使ってみたい一本です。

当時のリコーフィルムカメラはPentaxのKマウントと同じマウントを採用していたので、PKのマウントアダプターを用意すれば、デジタルカメラで使えます。

[adinserter block=”1″]

エピソード

本レンズは管理人がオールドレンズ沼にはまり始めた時に購入しました。当時は分解清掃に不慣れで、分解清掃した時、カビを落とすには成功しましたが、組み立ての時、レンズを落とし、キズがついてしました。キズ部分は真ん中ではないので、マイクロフォーサーズでの使用には問題ないのですが、いつかフルサイズ機を手に入れることができたら、使えない一本になりました。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

撮影テスト

今回の撮影テストは室内で夜間に行われました。照明にはライトスタンド2台(左右に設置)で、若干暗めに仕上がっています。モデルには、いつもお世話になっているマクドナルドのハッピーセットのおまけで、数年前で配られていたマリオシリーズの玩具です。

使用カメラはOlympusのEPL-3で、撮影モードは絞り優先(A)モードを選びました。カメラは三脚に設置しました。

開放(f2.0)

シャッタースピード:1/640
ISO感度:400
露出補整:無し

開放でも、ピントの合っている部分がシャープに写っています。ボケには無理がなく、シンプルな仕上がりで、クセのない作品が作れます。今まで数回使ってきたレンズですが、今回のテストで、後ろ側のマリオさんにバブルボケのようなボケが確認できて、昼間の風景で改めて使ってみたと思います。

絞りf5.6

シャッタースピード:1/80
ISO感度:400
露出補整:無し

今回のテストは若干暗めでよろしくない作例になっていますが、それでも、コントラストがシャキッとしているのが分かります。ただ、こちらのレンズはカビ等が発生しやすく、分解清掃済を狙うのが一番ですが、自分で清掃する必要があると覚悟して購入した方がいいかもしれません。

最小絞り(f16)

シャッタースピード:1/5
ISO感度:400
露出補整:+0.7

こちらでは露出補整を+0.7に設定して、もう少し明るめに仕上げました。最初絞りでも、無理のない仕上がりになります。

個人的には、絞りの数字が黄緑だったり、レンズとカメラを併せる点が赤ではなく、白であるところなどから、見た目がとてもお気に入りです。もちろん、写りもよく、ぜひおすすめしたいレンズです。

[adinserter block=”5″]

レンズスペック

メーカー: Rikoh
マウント: PK (Pentax K Mount)
名称:XR Rikenon L
焦点距離: 50mm
開放F値: f2
最小絞り:f16
最短撮影距離: 60cm
ズーム: 無し
絞りリング: 有り
ピント合わせ: MF
フォーマット: 35mmフィルムカメラ用
フィルター径: 52mm

管理人所有のレンズ

クリーニング:
状況: クリアー(難あり)
シリアルナンバー: 1878**