以前、当ブログではミノルタAFのサードパーティーレンズとして、タムロン製のレンズをご紹介しましたが、今回は同じくタムロンですが、ペンタックスマウントの一本をご紹介します。

Tamron AF 80-210mm f4.5-5.6 (178D)

本レンズをご紹介するにあたって、まずは見た目の話から入るべきだと思います。

とにかく、シンプルです。黒いお茶缶みたいです。デザインがシンプルすぎて、なんか物足りないような気がします。レンズ名やスペックは鏡筒にあり、真正面から見るとなにもありません。さらに、非常に軽く、手に取ると安っぽい感じがします。ただ、軽い(約280g)だからこそ、非常に持ち運びやすいです。80-210mm(APS-Cでの35mm換算では120-315mm)でここまで軽いと驚くレベルです。

もしかしたら、シンプルだからこそ、軽いだからこそ、このレンズを好んでいる方が多くいるかもしれません。

写りに関しては、当時の技術からするとかなりいい感じがします。1995年発売のレンズですが、今も普通に使えます。Pentaxの古い一眼レフに欠かせない絞りリングの「A」があり、オートフォーカスが効きます。他のカメラの場合、ペンタックスKマウント用のマウントアダプターを介して装着すれば、オートフォーカスは効きませんが、マニュアルでは普通に使えます。

全体的に見ると、最大のメリットは軽さで、強いてデメリットを挙げるとしたら、シンプルすぎるデザインのところしかありません。

描写に関しては、下記の撮影テストをご参照ください。

[adinserter block=”1″]

撮影テスト

撮影テストは雨天で、昼すぎに行いました。カメラはPentax istD L2で、絞り優先モードで撮影しました。全ての撮影は手持ちで、各画像はカメラのJpeg書き出しになります。

Pentax istD L2に手振れ補正機能がなく、さらに最大ズームで35mm換算の315mmで、手振れが非常に発生しやすいです。そのため、一部の写真にISO値を上げました。

開放(f4.5)

絞り値:f4.5
焦点距離:80mm(35mm換算で120mm)
シャッタースピード:1/1000
ISO感度:800
露出補整:+-0

開放f4.5で多少暗めのレンズですが、背景のボケがしっかりと出しています。比較的にシャープで色合いやコントラストも良く、バランスのいい描写になっています。右上の暗い部分のボケには多少のクセはありますが、問題のないレベルだと言えるでしょう。

絞りf8

絞り値:f8
焦点距離:80mm(35mm換算で120mm)
シャッタースピード:1/250
ISO感度:800
露出補整:+-0

f8まで絞ると、コントラスト、色合い、シャープが一気に上がります。背景のボケは開放よりかなりやさしく、ふんわりとしたやさしい仕上りになっています。

最小絞り(f32)

絞り値:f32
焦点距離:80mm(35mm換算で120mm)
シャッタースピード:1/15
ISO感度:800
露出補整:+-0

最小絞りにすると、ピントが若干甘くなる感じがします。色合いやコントラストも落ちてきて、ちょっと無理しているかのような印象が受けます。最小絞りではあまり使いたくないような気がしました。

ズームで開放(f5.6)

絞り値:f5.6
焦点距離:210mm(35mm換算で315mm)
シャッタースピード:1/750
ISO感度:800
露出補整:+-0

ズームでの開放はかなりいい印象を持っています。今回使用したPentax istD L2本体が軽く、さらにレンズも非常に軽いため、非常に不安定でした。手持ちでは厳しく、可能であれば、三脚の使用をおすすめしましょう。マクロ機能はありませんが、紫陽花のディテールがはっきりとなっているため、マクロ機能のあるレンズに近い描写になっています。

ズームで最小絞り(f38)

絞り値:f38
焦点距離:210mm(35mm換算で315mm)
シャッタースピード:1/60
ISO感度:3200
露出補整:+-0

最小絞りだと、上記に述べた安定性の問題がさらに増します。手持ちだったため、仕方なく、カメラのISOを最大の3200にしました。ノイズはカメラ側の問題ですが、レンズ側の色合いやコントラストには問題はありません。管理人のボディはかなり古い機種ですが、もう少し新しい機種でISOを上げても大丈夫でしたら、実用範囲になるでしょう。

数百円で買えるオートフォーカスレンズだと考えれば、コストパフォーマンスのいいオールドレンズにだと言えるでしょう。

[adinserter block=”5″]

レンズスペック

メーカー: Tamron
マウント: Pentax K
名称:Tamron AF 80-210mm f4.5-5.6 (178D)
焦点距離: 80-210mm
開放F値: f4.5-5.6
最小絞り:f32-38
最短撮影距離: 150cm
ズーム: 有り
絞りリング: 有り
ピント合わせ: AF
フォーマット: 35mmフィルムカメラ用
フィルター径: 52mm

管理人所有のレンズ

クリーニング:
状況: クリアー
シリアルナンバー: 8126**

その他の作例

以下は撮影テストと同日に撮影した作例になります。

最後に、以前ご紹介したミノルタAマウント用のタムロンレンズの記事リンクを載せておきます。合わせてご参照ください。

【参照記事:Tamron AF 28-200mm f3.8-5.6 (171D)
【参照記事:Tamron AF 28-80mm f3.5-5.6 (177D)