2002年発売の高級コンデジは現在になって使えるでしょうか?今回はMinolta DiMAGE F100をご紹介します。

Minolta DiMAGE F100

MinoltaのコンパクトデジタルカメラにはXシリーズがありました。しかし、2002年にそのXシリーズの上にあたる高級品が発売されました。コンパクトでありながら、様々な機能があり、さらに高級レンズを搭載されたのがFシリーズです。

Minoltaの交換レンズにはGシリーズがあり、それはCanonのLシリーズに該当するワンランク上の物です。こちらのF100はその技術を活かしたコンパクトカメラ用のGTレンズを搭載しています。もともと、Minoltaのレンズは非常に安定していて、高評価であります。Gシリーズはそれを上回り、色合い、コントラスト、シャープすべての分野で優れています。F100のレンズユニットに赤色の文字でGTと書いていて、それを強調しています。

ボディは金属で作られていて、高級感あふれるカメラです。発売当時は8.8万円で、その分の価値があります。ファインダーは小さめですが、クリアで非常に見やすいです。背面ディスプレー以外に上部にサブディスプレーがあって、使いやすいです。モードダイヤルはシンプルで、操作しやすいです。

メニューは簡単な作りで、複数ある機能を簡単に設定できます。

メリット

最大のメリットはGTレンズになるでしょう。もちろん、デジタルカメラであるため、レンズのみで写真を決めることができません。Minoltaの画像処理がよく、レンズを充分に活かしています。

当時は斬新であった追尾AFや自動シーンモード感知が搭載されていて、カメラ初心者から慣れている方までどんな方にも使えやすくなっています。

単3形電池とSDカードを使用するため、現役なカメラになります。ただ、アルカリ電池だと、数枚しか持ちませんので、ニッケル電池等をおすすめします。

2002年のカメラですが、LサイズプリントやSNS上で使用する画像としてなら、今も普通に使えるカメラです。冒頭には8.8万円で販売していたと述べましたが、今は1000円弱でゲットすることも可能です。管理人は元箱、ほとんど使用感のない状態の良いものを2000円でゲットしました。

デメリット

これは15年以上経った今だから、デメリットに感じるところかもしれませんが、背面の液晶画面周りの部分が劣化しています。どうやら、インターネット上で他のレビューを読んでいると、同じ問題が発生しているらしいです。場合により、ベタつきがあり、管理人が持っているカメラは、プラスチックが溶けたかのような感じになっています。

マクロ機能はテレマクロのみで起動するため、f2.8で撮影することはできません。一方、GTレンズだけあって、テレマクロでもボケが非常に美しいです。

欠点に感じる方はいらっしゃるかもしれませんが、操作音が非常に安っぽいです。当時のどんなデジカメにもあったファミコンっぽい電子音です。もちろん、消音は可能です。個人的には、高級感とのギャップで、敢えて操作音をオンにしています。

[adinserter block=”1″]

カメラスペック

メーカー:Minolta
型番:
Minolta DiMAGE F100
画素数:1/1.8型総画素数413万画素(395万画素有効)インターラインCCD、補色フィルター付き
記録モード:2272×1704、1600×1200、1280×960、640×480
動画撮影:320x240px(15fps、最大35秒)Motion-JPEG(MOV)形式
メモリー:SD Card
ファイル形式:JPEG、TIFF
レンズ:7.8~23.4mm(35mmフィルム換算38~114mm相当)
ズーム:光学3倍(デジタル2.5倍)
絞り:f2.8~f4.7
シャッタースピード:4秒~1/1000、BULB(最長15秒)
露出補整:-2.0~+2.0まで、1/3EV単位での補正可能
焦点:50cm~無限遠、マクロ時(焦点距離23.4mm)20cm~60cm
フォーカス:オートフォーカス(追尾AF、ワンショットAF)等
フラッシュ:内臓(広角0.25~2.92m、望遠0.5~1.7m)
露出モード:プログラム、絞り優先、シャッター速度優先、マニュアル
感度:ISO100~800、オート
ホワイトバランス:自動、昼光、蛍光灯、白熱灯、曇天、カスタム
連写撮影:約1.5コマ・秒
その他機能:日時写し込み、音声録音等
電源:単3形2本

管理人所有のカメラ

シリアルナンバー:352029**

[adinserter block=”5″]

作例・撮影テスト

今回の作例は撮影テストとして撮りました。ISO感度は100に固定し、露出補整は行っていません。全ての写真は絞り優先モード(A)で撮りました。なお、マクロモードはすべて焦点距離23mmで行いました(マクロはズームのみで起動します)。

マクロ撮影

とりあえず、マクロ撮影から作例を見ましょう。コンパクトカメラだと思えないキレイなボケ方、被写体のシャープな描写で美しい出来上がりになっています。

絞り値:f4.7
シャッタースピード:1/125

絞り値:f4.7
シャッタースピード:1/125

他の作例

こちらは通常の撮影を行いました。室内、風景、開放や最小で様々なシチュエーションで撮ってみました。開放の画像は若干白っぽく見えますが、これは天気が悪かった影響もあります。一方、画像が非常にシャープでこちらのレンズの実力が分かります。

絞り値:f2.8
シャッタースピード:1/180

絞り値:f2.8
シャッタースピード:1/1000

絞り値:f4.7
シャッタースピード:1/350

絞り値:f8
シャッタースピード:1/250

絞り値:f8
シャッタースピード:1/125

今回の撮影はテストとして行いましたが、本機は様々な細かい設定ができるため、有り得る場面で活用できます。GTレンズの描写が美しく、いつものMinoltaの安定感があります。

他にMinoltaのコンデジレビューもありますので、よかったらご参照ください。

【参考記事:Minolta DiMAGE Xi・20年前の四角いデジカメ