本記事パート①では勉強の目標と順番について述べました。まだご覧になっていない方は下記のリンクからどうぞ。パート②では具体的に各モードを見ていきましょう。

【参考記事:カメラ超入門・勉強の順番・目指せ、マニュアルモード?

各撮影モードで学ぶこと

オートモード(Auto)

まずは構図の勉強だけですので、ここから始めます。オートモードでは構図以外はカメラ任せになります。場合により、フラッシュを発光するかしないかもカメラに任せます。とりあえず、自分が撮った一枚の写真で何を撮りたいか、何をメインにしたいかをこの段階で意識します。それだけを考え、他はカメラに任せます。

構図の勉強ですが、深く勉強する必要はありません。三分割法、日の丸構図など、基本だけを勉強します。この段階で一眼レフやミラーレスをお使いになるのでしたら、カメラの構え方も勉強しましょう。

シーン別(ポートレート、夕日、スポーツ、夜景等)

さらに、各カメラにはそのシーンに適切な設定をあらかじめプログラムされているシーンモードがあります。オートモードは平均をとりますが、それが必ずしもいい設定って訳ではありません。ポートレートの場合はコントラスト等を低くして、ソフトな仕上がりにしたり、夕日なら暖色系を強くしたりすることによりもっと良い写真が撮れます。

結果的にはカメラ任せになりますが、このシーン別を把握するのも良いでしょう。あっ!シャッタチャンス来た!でもカメラの設定する時間がない!ダイヤルを回せ、すぐに合わせれるので、たまに便利かもしれません(初心者がRAW現像をやらない前提)。

プログラムモード(P)

次はプログラムモードを勉強します。こちらの撮影モードはオートと少しだけ変わります。ISO感度と露出補整ができるようになりますが、ボケと動きの表現はまだできません。

この段階ではローキーやハイキーはどんなものなのか?どのような写真を暗くすればかっこよくなるか、または明るくすることによりやさしい表現ができるかについて意識します。カメラのシャッタースピードとレンズの絞りはカメラに任せますが、それだけで狙った明るさが不可能だったら、ISO感度を調整して撮影するようにします。また、ISO感度を上げることにより、写真が荒くなる(ノイズ発生)を確認し、自分のカメラやレンズの限界をしるステップになります。

地味なステップですが、非常に大事ですので、しっかりマスターしましょう。

ただ、このステップを長くやっていると、なんか、スマホの写真と変わらない…プロっぽい写真になっていないと感じられるようになります。その時は次のステップへ進みましょう。

[adinserter block=”1″]

絞り優先モード(A、Av)

プログラムモードをマスターすれば、もう少し「プロっぽい」写真が撮りたくなります。そのプロっぽいとはボケや動きの表現が足りていないところがほとんどです。ボケの調整なら絞り優先モード、動きの表現ならシャッタースピード優先をそれぞれコントロールする必要があります。プログラムモードの次には絞りかシャッタースピード優先をどちらに進めればいいかはありません。順番は自由です。

ただ、背景をボカすのは、スマホカメラやコンパクトカメラであまりできないため、これができるようになれば、自分の写真が変わったと一番実感できるかと思います。そのため、絞り優先モードを先にマスターした方がおすすめします。

ボケのコントロールでプロっぽい写真!

もちろん、キットレンズで背景をボカすことは可能ですが、色々な条件を満たせなければ、ちょっと難しいです。可能であれば、明るい単焦点レンズを用意しましょう。

多くのメーカーの50mm f1.8は撒き餌レンズだと言われ、コストダウンがよく、安く購入できます。もし、お使いのカメラの単焦点が高ければ(ミラーレスの場合、その可能性は大)、オールドレンズの使用もお勧めします。オートフォーカスはありませんが、それも非常にいい勉強になります。

ちなみに、本記事ではカメラの撮影モードについて述べていてますが、オールドレンズを使用する前提には書いていません。一方、オールドレンズを使いたいと思っている方はどちらの段階からでも入れるかと思います。

シャッタースピード優先モード(S、Tv)

今度はシャッタースピード優先を勉強します。ここではライトペインティングの撮り方を入れて、気軽に遊ぶことができます。夜の歩道橋の上から走っている車を撮ったり、昼間でしたら滝や川の写真を撮ったり、色々挑戦することができます。とにかく、楽しいです。

光の竜巻?!?!

動いている被写体を速いシャッタースピードでブレないように撮影する方法も勉強しましょう。ここで改めて、プログラムモードで勉強したISO感度設定について、さらに深く勉強します。

マニュアルモード(M)

ここまで進めば、動いている被写体をブレず、さらにその背景をボヤかすように撮りたくなるかもしれまえん。つまり、絞り優先モードとシャッタースピード優先モード両方のいいところを同時に活かしたくなります。ここで初めてマニュアルモードに挑戦しましょう。

暗い場所で動く被写体を撮るのは難しい…

上記のプログラム、絞り優先、シャッタースピード優先の3つのモードをマスターしていれば、その場面で大体の設定(数値)をどうすればいいか見えてきます。後は微調整(ISO感度の設定も含める)すればいい写真が撮れるでしょう。

そして、色々な数値を設定していれば、なんか面倒くさい、この場面ではあのモードを使おうとか、モードの使い分けができるようになります。そして、マニュアルモード、絞り優先とシャッタースピード優先の3つのモードがメインになります。プログラムモードとオートは初期段階の勉強には便利だったかもしれませんが、ここまでくるとほとんど使うことがなくなります。強いて言えば、管理人の場合、他人にカメラを渡して撮ってもらう時以外は使うことがありません。

[adinserter block=”5″]

次のステップ

マニュアルモードを使いこなせば、全くの素人と全然違う写真が撮れるようになります。でも、これは最後ではありません。これから先にはフラッシュの使い方、より深い構図の勉強、色の組み合わせ、レンズの使い分け、道はまだまだ長いです。でも、ここまでマスターすることにより、本当に上達を感じることができます。

よりカメラのことが好きになり、より勉強したくなります。各ステップに何時間を勉強すればいいとかは決まっていません。自分が納得するまで勉強しても良いし、逆にすべてのモードを少しずつ同時にやる方法ともあります。とりあえず、カメラを触るのが一番大事かもしれません。

こちらの段階まで来ますと、自分のカメラの限界を感じることにもなります。そして、一気にアップグレードする時期が来たかもしれません。とにかく、ここまで頑張りましょう!