先日、Canon FD 35mm f3.5のレビュー記事をお届けしましたが、今回はそれに引き続き、同じ焦点距離の35mmの Olympus OM G.Zuiko Auto-W 35mm f2.8をご紹介したいと思います。こちらのZuikoレンズの方が若干明るく、より多くの場面で活用できる一本です。

【参考記事:Canon FD 35mm f3.5 S.C.

オリンパスの勝負ー安くても質の高いレンズを作る

各カメラ・レンズメーカーにはそれぞれの特徴があり、何かを売りにしているところがあります。例えば、Canonは初心者にやさしいビビッドの効いた写真がすぐ撮れるカメラ、Nikonは忠実性のある色合いを再現するカメラやレンズなど、有名な話です。

では、Olympusの売りは何でしょう?いくつかあると思いますが、強いて一つを挙げるとしたら、コンパクトで持ち運びやすいカメラを昔から作っているところがブランドの強みです。Olympus Tripや昔も今のPENシリーズはそれを代表するカメラたちでしょう。現在、Penシリーズは女性に人気があり、女子カメラ界で非常に好まれています。

ここまではOlympusのカメラについて話してきましたが、レンズに関しては、他の特徴が昔からあります。

とにかく、品質の高いレンズをなるべく安く販売し、多くのお客さんを満足させるのがオリンパスの方針でした。

その考えから多くのレンズが開発されました、当時のユーザーからすると特に評判が良かったのは28mmのf3.5と今回ご紹介する35mmのf2.8です。

レンズの特徴

本レンズは上述したように、ある程度安かったにもかかわらず質を保っていて多くのフォトグラファーに愛されていました。広角レンズまではいきませんが、50mmより焦点距離が広く、風景からポートレートまで疲れていました。デジタルカメラで使う際、マイクロフォーサーズ機でしたら、35mm換算で70mm相当になり、まさにポートレートに最適なレンズになるでしょう。APS-C機の場合は45mmに近く、標準の定番な画角で撮影が可能になります。

こちらのZuikoレンズは他メーカーの同様スペックのレンズと比較すれば、開放からでもかなりハッキリとした描写を再現しているのがわかります。色合いは適度でコントラストが若干高めです。ボケも適度で強調しすぎない仕上がりになります。一方、ボケが若干きついという意見がインターネットにもあり、やはり、ボケに関しては人それぞれの意見によるものでしょう。

[adinserter block=”1″]

エピソード

管理人は数年前からOlympusのデジタルカメラEPL-3を愛用しています。その他にOlympus Airも使用していて、かなり使いやすいカメラたちだと思っています。たしかに、本記事に冒頭に言いましたように、使いやすさを売りにしているところが多く、Olympusらしさが昔から今まで引き続いています。

その中に、いつかはOlympusのアナログカメラでも写真を撮りたいと思いはじめ、インターネットのオークションでOlympus OM10を落札しました。落札したカメラボディーとセットで、今回の記事に登場したZuiko Auto-W 35mm f2.8がセットとなっておりました。

落札したのはいいのですが、正直、フィルムを付けて撮影に出かけることはまだありません。これから機会を作り、落札したセットのままで遊んでみたいと思います。

撮影テスト

今回の撮影テストは室内で、昼間に行いました。被写体の左側にLEDスタンド一本を置き、カメラは三脚に固定しました。使用したカメラはOlympusのEPL-3で、同じメーカーのアナログ時代のレンズとデジタルカメラのコラボにしました。撮影モードは絞り優先(Aモード)でした。

開放(f2.8)

シャッタースピード:1/60
ISO感度:200
露出補整:+0.3

確かに、開放で撮影を行っても、ピントの合っている手前のアヒル君とその他のアヒル君たちに目立った差はありません。濃い色の被写体でも自然に仕上がり、コントラスト高めのおかげでバランスのいい写りになります。ボケはかなり自然な感じで、これといった嫌な感じは全くありません。

絞りf5.6

シャッタースピード:1/20
ISO感度:200
露出補整:+0.3

ここまで絞りますと、自然な写真がより自然に見えてきて、色合い、コントラスト、ボケ等に無理な要素をまったく受けることはありません。

最小絞り(f16)

シャッタースピード:1/4
ISO感度:200
露出補整:+0.3

ここまで絞ると、全体的にピントが合うことで、本レンズのポテンシャルがより分かりやすくなります。その分、画像の質が仕方なく落ちてしまいますが、限られた場面になりますが、ここまでシャキッとした描写で開放から最小絞りまでの間をうまくバランスとっているというオールドレンズは忘れないでください。

[adinserter block=”5″]

レンズスペック

メーカー: Olympus
マウント: OM
名称:G.Zuiko Auto-W 35mm f2.8
焦点距離: 35mm
開放F値: f2.8
最小絞り:f16
最短撮影距離: 30cm
ズーム: 無し
絞りリング: 有り
ピント合わせ: MF
フォーマット: 35mmフィルムカメラ用
フィルター径: 49mm

管理人所有のレンズ

クリーニング:
状況: クリアー
シリアルナンバー: 2423**