本ブログだけではなく、オールドレンズ界で絶賛されるAsahi PentaxのSuper Takumar 55mm f1.8があります。オールドレンズ入門として有名で、最初に買うべきレンズだと思います。前回の記事に書いていましたが、 55mm f1.8はPentax Spotmaticシリーズの標準レンズとして売られていました。単焦点レンズで、もちろん55㎜固定で、ポートレートや風景、幅広く使えます。一方、もう少し遠くにいるものを撮りたい、アップしたいときには不向きのレンズです(フィルムあるいはフルサイズ機での使用の場合)。

上記の問題を解消するには、多くの方はもう一本のレンズを同時購入していました。ズームレンズが普及した現在も主流になっているボディーとWレンズキットと同じですが、標準レンズとともに望遠レンズを一本買う方法がありました。その際、一番選ばれていたのは、今回ご紹介するSuper Takumar 135mm f3.5だったでしょう。

【参考記事:Super Takumar 55mm f1.8

基本的に、レンズを三種類に分けることができます。

  • 広角レンズ:35㎜以下
  • 標準レンズ:35㎜から100㎜
  • 遠望レンス:100㎜以上

上の数字は35mmフィルムまたはフルサイズ機での焦点距離です。APS-Cやミラーレスの時は、

本レンズの特徴

Super Takumar 55mm f1.8をカメラとセットで手に入れた方は135mm f3.5とセットで入手したかもしれません。管理人はそうでした。同時ではなくても、本レンズの生産量は多かったので、中古カメラ屋さんで標準のSuper Takumarと並んでいる可能性が非常に高いです。

本レンズは遠望レンズでありながら、小さく、軽く、撮影の際、カメラバッグに入れても邪魔にはなりません。描写が優れていて、操作性もよく問題のないレンズです。

当時は2本目のレンズとして出番は55㎜より少なかった可能性が高く、状況のいいものが残っている場合がほとんどです。もし、酷いカビや絞り羽に故障のあるものを見かけたら、よっぽど安く売られていなければ(自分で分解清掃や直せることを前提に)、他の一本を探した方がいいかもしれません。

もう一つ注意点があります。オールドレンズでよく使われるマイクロフォーサーズ機(OlympusやPanasonic)の場合、270㎜相当になりますので、使用される場面がかなり限られてきます。270㎜の世界だとピント合わせが困難になるため、慎重に撮影しましょう。

[adinserter block=”1″]

撮影テスト

今回は昼間の撮影で、左側にライトスタンドを設置していました。部屋の窓は右側にありますが、曇りな一日だったので、普段より若干暗めな撮影状況でした。

カメラはCanon 5D mark II、絞り優先(Av)モードでISOを固定した設定で撮影しました。Picture Styleはスタンダードで、三脚も使いました。

本テストでかなり苦労したのは、最短撮影距離が150㎝でありながら、135㎜のレンズを室内で使える問題でした。被写体に選んだものが小さく、この場合はマイクロフォーサーズ機を使えばよかっただと後に反省しました。とりあえず、フルサイズ機で撮ったものを投稿します。

開放(f3.5)

シャッタースピード:1/125
ISO感度:800
露出補整:+0.7

本レンズの開放がf3.5であるため、開放からでもかなりシャキッとした印象がのこりました。室内だと若干暗めな感じがしますが、普通に使えるレンズだと思います。ISO感度を控えめにしましたが、もう少し上げれば、シャッタースピードを速くし、さらにクリアーな写真が撮れます。

絞りf5.6

シャッタースピード:1/60
ISO感度:800
露出補整:+0.7

開放よりさらにシャキッとした描写になりました。被写体のディテールが良くみられ、小さなものでも撮影できます。上記の開放でのテストで述べたように、ISO感度を上げれば、シャッタースピードを1/125以下に合わせられますと、手振れの問題を抑えることができます。

最小絞り(f22)

シャッタースピード:1/4
ISO感度:800
露出補整:+0.7

最後には最小絞りでのテスト。シャッタースピードが一気に落ちましたが、三脚を使えば、最初絞りでしか撮れない写真が撮れます。実用範囲以内だと思いますが、無理せずにf16やf11の方が使えやすいだと思います。

ミラレースだと遠望レンズになり、活用場面が限られてきますが、フルサイズだと接近したポートレートに使えるレンズだと思います。一方、ミラーレスだと、被写体に接近しなくても、フレーム一杯で撮れるため、ペット撮影等に使用しやすいレンズです。

[adinserter block=”5″]

レンズスペック

メーカー: Asahi Pentax
マウント: M42
名称:Super Takumar
焦点距離: 135mm
開放F値: f3.5
最小絞り:f22
最短撮影距離: 150cm
ズーム: 無し
絞りリング: 有り
ピント合わせ: MF
フォーマット: 35mmフィルムカメラ用
フィルター径: 49mm

管理人所有のレンズ

クリーニング:
状況: 非常にクリアー
シリアルナンバー: 40139**